TOP > ニュース

【RIZIN】渡辺華奈が王座新設アピール、中井りんの復帰待ちか

2019/04/07(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

真珠・野沢オークレアの顔面を破壊し、チョークで失神させたハバ(写真パネルの人物)を迎え撃つ無敗の渡辺

 4月21日(日)神奈川・横浜アリーナにて開催される『RIZIN.15』の記者会見が、6日(土)都内で行われた。ヤスティナ・ハバ(28=ポーランド)との対戦が発表された、渡辺華奈(30=FIGHTER’S FLOW)が会見に出席。

 渡辺は柔道からMMA(総合格闘技)に転向し、昨年の大みそかに杉山しずかをわずか11秒でマットに沈め、3月の『DEEP JEWELS』ではガン・スミンを1R4分33秒、パウンドでTKOするなど7戦無敗。対するハバは、大みそかで真珠・野沢オークレアと対戦。これがプロデビュー戦であったが、真珠の顔面をパウンドとヒジ打ちで腫れ上がらせてからのリアネイキッドチョーク(チョークスリーパー)で失神させて一本勝ちを収めた。元々はポーランドの現役軍人であり、軍隊内のキックボクシング大会で優勝、アマチュアMMAでも5戦全勝の成績を持っている。

 渡辺は「年末に引き続き出場出来て嬉しく思っています。ハバ選手はフィニッシュ力もあって打撃のベースもあって強い選手だと思います。でも自分の実力をしっかり見せて一本かKOで決着をつけたい」と、完全決着を目指すと宣言。

 過去2度のRIZIN参戦はいずれも大みそかで、連続参戦は今回が初めて。そのことについて「(1年に1回しか出場がないことに)怒りはないですが、少しずつ自分の実力を高めていって、それが評価していただけた気もします」とし、「この階級は盛り上がっているので、この場をかりてベルトを作って欲しい気もあります」と、女子スーパーアトム級に続いての女子王座を新設して欲しいとアピール。

 同席した榊原信行RIZIN実行委員長は「彼女の言う通り華奈選手の階級にはいい選手が集まっている。世界で戦って評価してもらうには52kgより上じゃないと評価されない。男女ミックスのメジャー舞台ではチャンスがある階級です。でも海外はめちゃ強いですよ。ベルトを作るアピールが出来る試合を期待したい」と、活躍次第では可能性があると示唆。

 57.0kg前後には渡辺のほか、真珠・野沢オークレア―、杉山しずか、そして休養中の中井りんがいる。渡辺は大みそかの試合後にも中井戦をアピールしていた。それについて榊原委員長は「彼女の階級の先駆者であるし、復帰も待ち遠しい。そこはDEEPの佐伯代表に担当していただいているので。先日、ジュエルスの会場で久しぶりに会いましたが、元気そうで復帰は近いと思います。彼女が出てくると華奈選手の熱も上がると思いますし、ライバルがいるのは幸せなこと」と、中井りんの復帰を待っていると話した。

 また渡辺は、ハバがヒジ打ち&パウンドで真珠の顔面を“破壊”していることについて聞かれると「破壊されないようにしたいですし、逆に私がやるくらいの気持ちでいるので大丈夫です」と、逆にハバの顔面を“破壊”してやると言い放った。

【大会・チケット情報】 4・21 RIZIN FIGHTING FEDERATION『RIZIN.15』

●編集部オススメ

・渡辺華奈が真珠を絞め落とした現役軍人と激突

・筋肉美女・渡辺華奈、パワーの差を見せつけパウンドの連打でTKO勝利

・真珠・野沢オークレアがハバのチョークに失神、プロ初黒星

・渡辺華奈、大みそか以来のスーパーボディで計量クリアー

・渡辺華奈、復活する中井りんと「近い将来戦う日が来る」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース