TOP > ニュース

【K-1】武尊が手術成功を報告「早く戦える拳に戻す」

2019/04/14(日)UP

武尊が手術の成功を報告

 4月12日、拳の腱断裂の手術のため全治半年の長期休養を発表した武尊だったが、13日手術を行い無事成功したと自身のブログで発表した。

 3月10日のK-1でラジャダムナンスタジアム認定フェザー級王者ヨーキッサダー・ユッタチョンブリーに2R右フックでダウンを奪い、続けてパンチの連打でKO勝利を収めた武尊だったが、試合後、拳の腱断裂が発覚。拳と腱をつなげる手術を行うことになった。

ブログに掲載された手術後の右手(武尊オフォシャルブログより)

 14日更新したブログで武尊は「無事手術成功しました。たくさんの応援メッセージ本当にありがとうございます。ここからが勝負なので1日でも早く戦える拳に戻せるよう頑張ります!少しだけ待っててください」と報告した。

 ブログやSNSのファンの反応は「回復まで無理せず頑張ってください」というコメントが多数。完全回復し、再び武尊の戦いが見たいと大多数のファンは願う。

 手術したのは2016年に骨折した右拳だが、休養し回復後は大きな活躍を見せただけに、この休養がさらなる強さに繋がることを願いたい。

●編集部オススメ

・【K-1】武尊が長期欠場を発表、腱断裂で手術へ

・【K-1】武尊が現役ムエタイ・ラジャダムナン王者に衝撃のKO勝利

・武尊が大激闘で2度のダウンを奪い皇治を撃破、ファンの声に「必ず実現させる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース