TOP > ニュース

【RIZIN】”サモアの怪人”マーク・ハントがSNSで参戦名乗り

2019/04/25(木)UP

ハントがRIZINに参戦希望だ

 ”サモアの怪人”マーク・ハント(45=ニュージーランド)がRIZIN参戦に名乗りを上げた。
 4月24日、榊原信行RIZIN実行委員長がSNSで『RIZIN.15』興行後の挨拶を投稿。するとその1時間後にハントが「I’m wanting rizin title(RIZINのタイトルが欲しい) 」とそのコメントに返信したのだ。

 ハントは2001年12月に『K-1 WORLD GP』の世界トーナメントを制覇するなど、世界屈指のヘビー級キックボクサーとして活躍。その後、2004年6月に『PRIDE』で総合格闘家としてプロデビュー、さらにUFCに2010年9月からへビー級に参戦を果たした。
 UFCでは世界ランカーとして活躍していたが、昨年12月の試合で3連敗。同試合の前に「あとUFCと1試合契約が残っているので、その試合で最後にしたい」と発言していた。

”I’m wanting rizin title”と投稿したハント

 引退か他のプロモーションに転戦かが注目されていたところに、今回のSNS返信となった。

 4月21日(日)神奈川・横浜アリーナで開催された『RIZIN.15』のメインイベントでは、ライトヘビー級の初代王座決定戦が行われ、イリー・プロハースカが王座を戴冠。
 相手はRIZIN2015年ヘビー級世界トーナメント優勝者キング・モーで、両者は同トーナメントの決勝でも対戦していた。元々は両者ともヘビー級の選手。とはいえRIZINのライトヘビーは93kg以下契約。120kgのハントがライトヘビー級のプロハースカの首を狙うのか、それともヘビー級タイトル新設を交渉するのか。

剛腕で相手の顔を大きく歪ませるハント

 『RIZIN.15』ではプロボクシング6階級制覇のマニー・パッキャオも来場し、大会前の記者会見では榊原委員長が「フロイド・メイウェザー・ジュニアが年内に日本で格闘技ビッグイベントを計画している」とも話したように現在世界も注目している日本の格闘技市場。そこに再び乗り込もうとしているハントだが果たしてRIZINは受け入れるだろうか。

●編集部オススメ

・43歳のハント、母国凱旋試合で6連勝中の野獣をTKO

・マーク・ハントが一本負け、2連敗を喫する

・プロハースカがリベンジTKO勝利、念願の新王者に

・メイウェザー来日「日本でパッキャオと戦う話を詰めている」

・ラウンドガールに約600名の応募、RENAら女子選手の活躍も影響

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース