TOP > ニュース

【レベルス】メインは才賀に代わり葵拳士郎が参戦、10戦無敗の鈴木宙樹と王座戦=6月大会の全試合順が決定

2019/05/02(木)UP

才賀が一回戦で勝利した浅川に勝利したこともある葵(左)が鈴木(右)と決定戦

 6月9日(日)に開催されるキックボクシングイベント『REBELS.61』(東京・後楽園ホール)の全カード及び全試合順が決定した。
 
 メインイベントは、REBELS 60kg級王座決定戦(3分3回戦・延長あり)となり、鈴木宙樹(クロスポイント吉祥寺)vsWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・葵拳士郎(マイウェイジム)で争われる。

 元々は「REBELS 60kg級王座決定トーナメント」として2月に開幕、鈴木と才賀紀左衛門が決勝戦に残っていた。しかし才賀が諸事情により欠場。王座決定戦に相応しい相手として、葵が抜擢された。

コーナーに追い込みヒザを叩き込む鈴木

 鈴木は2017年8月にデビュー以来、10戦10勝(7KO)無敗のホープ。今年2月の王座決定トーナメントではムエタイ戦士を得意の右ストレートで秒殺、4月のシュートボクシング対抗戦でも右ヒザ蹴りでKOと高い攻撃力を持つ。

 対する葵は空手仕込みの蹴り技を得意とし、17年にINNOVATION王者に就いた。今年2月にはWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座を奪取。自身のSNSで「3本目のベルトです。必ず自分がベルトを巻きます!楽しみで仕方ないです」と、勢いに乗り3つ目の王座を狙う。

ラウェイやRIZIN、様々な舞台に挑戦する浜口(左)が栗秋の前に立ちはだかる

 セミファイナルも王座戦で、REBELS-MUAYTHAI フェザー級王座決定戦(3分5回戦・延長なし)が行われる。元WPMF日本スーパーバンタム級王者・浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉)と、栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺)で争われる。

 浜本は17年に6月に“地上で最も過激な格闘技”ミャンマーラウェイの日本大会で、ラウェイの日本王座を獲得。11月にはWPMF日本スーパーバンタム級王座に就いている実力者。同年大みそかには「RIZIN KICKワンナイトトーナメント」では、那須川天心と1回戦で対決している。

 5月5日の「J-NETWORK」でも試合を控えており、連戦となるが自身のSNSでは「ぶっちゃけ、死ぬほど努力したやつが度重なる苦悩の末に何も得れず死ぬみたいなストーリーが好き。だけど俺の場合はそれは無し。頼む。連勝で王者にさせてくれ。もう毎日苦しすぎる。2年以上も」と様々な舞台でハイペースで試合をこなすがゆえの、鬼気迫る投稿をしている。

三冠王・八神をKOし王座返上させた栗秋

 対する栗秋は九州で50戦近い試合をこなし、地元のタイトルも数多く獲っている”若きベテラン”。昨年9月から上京し、レベルスの他KNOCK OUTやK-1 Krushなどにも参戦、着実に勝利を積み重ねている。

 今年4月の試合ではREBELS-MUAYTHAI フェザー級王者で三冠王の八神剣太を1R撃破。八神はその場でベルトを返上し、今回のREBELS-MUAYTHAIフェザー級王座決定戦を行う事となった。八神が手渡したバトンを栗秋は受け取ることが出来るか。

 その他の全試合順は以下の通り。

▼メインイベント 第13試合
REBELS 60kg級王座決定戦 3分3回戦(延長あり) REBELSルール
葵 拳士郎(マイウェイジム)/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者
vs
鈴木 宙樹(クロスポイント吉祥寺)

▼セミファイナル 第12試合
REBELS-MUAYTHAI フェザー級王座決定戦 3分5回戦(延長なし) REBELS-MUAYTHAIルール
浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉)/元WPMF日本スーパーバンタム級王者
vs
栗秋 祥梧(クロスポイント吉祥寺)

▼第11試合
71kg契約 3分3回戦(延長あり) REBELSルール
日菜太(クロスポイント吉祥寺)/REBELS 70kg級王者
vs
坂本 優起(シーザージム)/第5代SB日本スーパーウェルター級王者

▼第10試合
55.5kg契約 3分3回戦(延長あり) REBELS-MUAYTHAIルール
KING強介(ロイヤルキングス)/REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王者
vs
大野 貴志(士道館新座ジム)/WMC日本スーパーバンタム級王者

▼第9試合 【REBELS vs 新日本キック 対抗戦】大将戦
スーパーフライ級 3分3回戦(延長なし) REBELS-MUAYTHAIルール
老沼 隆斗(STRUGGLE)/REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者
vs
空龍(あろん)(伊原道場新潟支部)/日本フライ級2位

▼第8試合 【REBELS vs 新日本キック 対抗戦】中堅戦
ライト級 3分3回戦(延長なし) REBELS-MUAYTHAIルール
大谷 翔司(スクランブル渋谷)
vs
高橋 亨汰(伊原道場本部)/元日本フェザー級1位

▼第7試合 【REBELS vs 新日本キック 対抗戦】先鋒戦
フェザー級 3分3回戦(延長なし) REBELS-MUAYTHAIルール
千羽 裕樹(スクランブル渋谷)
vs
瀬川 琉(伊原道場稲城支部)

▼第6試合
63kg級 3分3回戦(延長なし) REBELSルール
耀織(Y’s glow)
vs
与座 優貴(橋本道場)/極真会館2017全世界ウェイト制軽量級(70kg)優勝

▼第5試合
47kg契約 2分3回戦(延長なし) REBELSルール
パク・シウ(TEAM MAD)
vs
ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)

▼第4試合
スーパーバンタム級 3分3回戦(延長なし) REBELS-MUAYTHAIルール
炎出丸(クロスポイント吉祥寺)/元J-NETWORKスーパーバンタム級王者
vs
MITSURU(WSRフェアテックス三ノ輪)

▼第3試合
61kg契約 3分3回戦(延長なし) REBELSルール
古谷野 一樹(クロスポイント古河)/元REBELS 57.5kg級王者
vs
小磯 哲史(テッサイジム)/蹴拳ムエタイスーパーフェザー級王者

▼第2試合
REBELS-MUAYTHAI スーパーウェルター級王座決定リーグ戦
3分3回戦(延長なし) REBELS-MUAYTHAIルール
津崎 善郎(LAILAPS東京北星ジム)/勝点3
vs
吉田 英司(クロスポイント吉祥寺)/勝点2

▼第1試合
REBELS-MUAYTHAI スーパーウェルター級王座決定リーグ戦
3分3回戦(延長なし) REBELS-MUAYTHAIルール
光成(ROCK ON)/勝点0
vs
降籏 健嗣(士道館 ひばりケ丘道場)/勝点0

●編集部オススメ

・鈴木がSBのホープを強打からのヒザ蹴りで返り打ちに

・栗秋が三冠王・八神を衝撃の1RKO

・試合前SNSにおもしろ動画をアップするキックボクサー(=鈴木宙樹)が話題に

・那須川天心が飛びヒザ蹴りで浜本キャットをド派手にKO

・美貌で注目の ぱんちゃん璃奈、計量パスで意気込み「綺麗なムエタイスタイルを」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース