TOP > ニュース

【BOM】緑川創がラジャダムナン王座に再び挑戦、名高は階級上げ2階級制覇に向け発進

2019/05/10(金)UP

再びラジャダムナン王座に挑む緑川(右)

 6月1日(土)神奈川・横浜文化体育館で開催される『BOM-THE BATTLE OF MUAY THAI SEASONⅡ vol.2-』の全カードが決定した。

 メインイベントにはラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者・クンスック・シットシェプブンタム(タイ)にWKBA世界スーパーウェルター級王者・緑川創(藤本ジム)が挑む、ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級タイトルマッチが決定。

 緑川は2009年5月に日本ウェルター級王座を奪取。同王座は4度の防衛に成功して返上、ムエタイ最高峰のラジャダムナン王座を目指してタイ人を中心に戦ってきた。2019年4月14日にはペットカントン・ポー・ペットシリ(タイ)を破り、WKBA世界スーパーウェルター王座を獲得。試合後のリング上で「全力でタイのベルトを獲りにいきます」と宣言をした矢先に大一番が決定した。

 2019年6月の同タイトル初挑戦時にはシップムーン・シットシェフブンタムに判定負けを喫し、王座獲得を逃している。2度目の挑戦で王座獲得なるか。

名高・エイワスポーツ(中央)が2階級制覇に向け発進

 セミファイナルには日本人初の ラジャダムナン&ルンピニー統一ミニフライ級王者、名高・エイワスポーツジム(18=エイワスポーツジム)がゲンカー・ヌンポンテープ(タイ)とタイ国スポーツ協会認定ナーイ・カノム・トムライトフライ級王座を争う一戦が決定。

 名高は2019年4月14日『The Battle Of Muaythai SEASON 2 vol.1』において、シンダム・カフェフォーガ(タイ)を破り、日本人として初めてのルンピニー王座を獲得。史上2人目のラジャダムナン・ルンピニーの2大スタジアムのタイトルを同時に保持する外国人となる快挙を達成した。今回は1階級上のライトフライ級。2階級制覇を目指す名高にとって試金石となる一戦となる。

スアキム(右)が那須川との対戦前にムエタイ戦に出場

 第10試合にはスアキム・PKセンチャイムエタイジム(23=タイ)対翔・センチャイジム(35=センチャイジム) の一戦が決定。ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級のタイトルを保持するスアキムは現在『RISE WORLD SERIES 2019』に参戦中。7月には大阪で那須川天心(20=TARGET/Cygames)との対戦が控えているが、大一番の前に自身の主戦場であるムエタイへの参戦を決めた。

 対する翔・センチャイジムはINNOVATION&WMC日本ライト級の2タイトルを保持。ヒジと首相撲からのヒザを得意としており、現在4連勝中。多くの日本人がスアキムとの対戦を避ける中、話を聞いたその場で即答し対戦を決めたという。

翔(左)がスアキム狩りへ名乗りを上げる

 スアキムが那須川天心戦の前にムエタイの強さを見せつけるのか、翔が一足先にルンピニー王者を粉砕するか、注目の一戦。

 その他、竜哉・エイワスポーツ(エイワスポーツ)が出場するWBCムエタイミニフライ級王座決定戦、朝陽・PKセンチャイ(PKセンチャイ)が出場するルンピニージャパンスーパーバンタム級王座決定戦など、全12試合が決定している。

<決定対戦カード>
▼第12試合 メインイベント ラジャダムナンスタジアム認定 スーパーウェルター級タイトルマッチ 3分5R肘あり(延長なし)
クンスック・シットシェプブンタム(タイ)
vs
緑川 創(32=藤本ジム/WKBA世界スーパーウェルター王者)

▼第11試合 セミファイナル タイ国スポーツ協会認定ナーイ・カノム・トムライトフライ級 王座決定戦 3分5R肘あり(延長なし)
名高・エイワスポーツ(18=エイワスポーツジム/ラジャダムナンスタジアム&ルンピニースタジアム認定ミニフライ級王者)
vs
ゲンカー・ヌンポンテープ(タイ)
▼第10試合 BOM級契約 3分5R肘あり(延長なし)
スアキム・PKセンチャイムエタイジム(23=タイ/ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者)
vs
翔・センチャイジム(35=センチャイジム/INNOVATION&WMC日本ライト級王者)

▼第9試合 BOMスーパーファイト 65㎏契約 3分5R肘あり(延長なし)
パコーン・PKセンチャイムエタイジム(PKセンチャイ)
vs
松本芳道(37=KICK-DIET/元新日本キックボクシング協会ライト級王者)

▼第8試合 WBCムエタイミニフライ級王座決定戦 3分5R肘あり(延長なし)
ペッデート・ボーサッパッパイ(タイ)
vs
竜哉・エイワスポーツ(エイワスポーツ)

▼第7試合 ルンピニージャパン スーパーバンタム級王座決定戦 3分5R肘あり(延長有り)
朝陽・PKセンチャイ(PKセンチャイ)
vs
サムサー・シリラックムエタイジム(タイ)

▼第6試合 BOMスーパーファイト63㎏契約 3分5R肘あり(延長有り)
石井達也(フリー)
vs
キヨソンセン・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM)

▼第5試合 BOMスーパーファイト 54kg契約 3分5R肘あり(延長有り)
HIROYUKI(藤本ジム)
vs
一航(新興ムエタイジム)

▼第4試合 BOMバンタム級53.52㎏契約 3分5R肘あり(延長有り)
鳩(TSK JAPAN)
vs
チェ・ソクヒ(韓国)

▼第3試合 BOM58㎏契約 3分3R肘あり(延長有り)
川原龍弥(北流会君津ジム)
vs
ヨード・インシー・シリラック(タイ)

▼第2試合 BOMスーパーバンタム級55.65㎏契約 3分3R肘あり(延長有り)
明彦(尚武会)
vs
加藤有吾(RIKIX)

▼第1試合 BOMライト級61.23㎏契約 3分3R 肘あり(延長有り)
将輝・FLYSKYGYM (FLYSKYGYM)
vs
羅向(ZERO)

●編集部オススメ

・緑川創が2度目のラジャダムナン王座に挑戦「死ぬ覚悟で全てをぶつける」

・日本人初快挙、名高がムエタイ最高峰ルンピニー王座獲得で、ラジャと統一王者に

・BOM・名高が日本人初、ルンピニー王座を奪取

・名高、快挙達成をアントニオ猪木に報告「いずれ世紀の一戦を」

・ロッタンに勝ったルンキットをスアキムが破る、RISE世界トーナメント制覇へ弾み

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース