TOP > ニュース 一覧

【レベルス】無敗の倒し屋・鈴木宙樹が初王座戦「追い詰めて得意の右で倒す」

2019/05/28(火)UP

カウンタースタイルから一転、アグレッシブに攻めると宣言した鈴木

 6月9日(日)東京・後楽園ホールで開催の『REBELS.61』のメインイベントに出場する、鈴木宙樹(22=クロスポイント吉祥寺)が都内の所属ジムにて公開練習を行った。

 鈴木はREBELS 60kg級王座決定戦(3分3回戦・延長あり)で、WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・葵拳士郎(25=マイウェイジム)と戦う。

 滑らかながらも体重の乗ったパンチやキックを繰り出し、前へ前へとミットへ打ち込む鈴木。現在の体調はバッチリだと言う。「プレッシャーとか無いです。試合は緊張しないんですよね。やる気はベルトがかかっているので、動けると思いますけど」とリラックスしてコメントする。

得意の右ストレートでKOを狙う

 対戦相手の葵はWBCムエタイ王座の他、INNOVATION王者を獲得した二冠王でもあり、戦績は30戦以上と経験豊富。鈴木は「ここまで格上の選手とはやっていない、技術では(自分が)劣ると思う」としながらも「ベルトを欲しい気持ちでは負けない」と気持ちで飲み込むつもりだ。
 
 現在10戦10勝(7KO)と無敗街道を驀進中の鈴木だが「相手は打ち合いをあまりしてくれないと思う。(葵は鈴木を)パンチが強いと言ってくれているし、自分の予想ではテクニックで来ると思う。そうさせないようどんどん前に出て、普段しないような戦い方をして倒したい」と燃えている。

「いつもはカウンターを狙って、待って攻撃しているんですよね。今回は自分のペースでどんどんプレッシャーをかけて、相手に逃げられないよう追い詰めたい。いつもとは違うぞ、という所を見せたいですね」と獰猛に相手を攻める。 

このヒザ蹴りでTKOに追い込んだことも

 以前公開されたインタビューでは、葵の印象を「全然上手くないな」と強気に語った鈴木だったが、今日は「葵選手は、すごい方だなあ。色々記事を見させていただいたのですが、本当すみませんでした。記者会見でも、あんなに良い方だと思わなくて。キャラチェンジを狙って煽ろうと思ったのですが、うまくいきませんでした」と一転へりくだった態度に。

「仕事しながらコツコツがんばって、二冠になって素晴らしい方だなあ。経験ってやっぱり大きい、そういう所では負けてると思う」などと葵を持ち上げ続けた。

今年2月のレベルスで鈴木の右ストレートがタイ人にクリーンヒット。45秒のKO劇だった。

 しかし「勢いや気持ちでは負けない。どんどん前に出て、葵選手にないもので戦っていきたい。葵選手という高い壁をしっかりKOして”レベルスのチャンピオンは鈴木”と思ってもらえるような倒し方をしたいですね」と意気込む。

 最後に「レベルの違いを見せれたらなと思います。圧勝する所を見ていてください。メインイベンターとして、得意の右ストレートで倒したいと思います」と締めた。

☆6月9日 後楽園ホール『REBELS.61』の試合日程、対戦カードはこちら

●編集部オススメ

・メインに抜擢された”倒し屋”鈴木宙樹、二冠王・葵拳士郎との対戦に「自分の中ではラッキー」

・試合前SNSにおもしろ動画をアップするキックボクサーが話題に

・美女キックボクサー ぱんちゃん璃奈が3戦目、ハム・ソヒの妹分パク・シウと対戦

・ぱんちゃん璃奈の相手、パク・シウはジムのUFC選手皆から愛される妹キャラ

・ラウンドガールも経験した犬童美乃梨が最新DVDでさらにセクシーに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧