TOP > ニュース

【グラチャン】香港最大の総合格闘技団体『JUST MMA』とパートナー契約締結

2019/06/02(日)UP

JUST MMAアンドリュー・チャンCEO(左)とパートナーシップ契約を結んだGRACHAN・岩崎ヒロユキ代表(右)

 2008年に第1回大会を開催し、昨年に10周年を迎えたMMA(総合格闘技)イベント「GRACHAN(グラチャン)」が、6月1日(土)都内にて記者会見を行い、JUST MMAとパートナー契約の調印式を行った。

 JUST MMAとは、シンガポールのストックマーケットで上場しているマーケティング会社の経営者アンドリュー・チャン氏が2017年11月に大会を旗揚げし、マカオ、香港、中国の広州で5度イベントを開催している。

 会見でGRACHAN・岩崎ヒロユキ代表は「日本にはパンクラス、修斗、DEEPと色んな団体があり、パンクラスと修斗はONEと、DEEPはRIZINとそれぞれ提携している形を作っています。その中でGRACHANは今後どういう立ち位置でどういう存在であるべきかと考えた時に、まずはアジアの同じ肌の色の仲間たちと手を結び、アジアの格闘技を盛り上げようと。

 ONEの次に来る素晴らしい勢力と出会いたいと思い、昨年にG WORLDを設立しました。色々とマーケティングする中で香港に素晴らしいチーム、JUST MMAがあるとお聞きし、半年前に接触し話をしていく中でやっとこの日を迎えることが出来ました。今後、JUST MMAがアジア、世界で羽ばたく上で、私たちが日本で築いた11年のノウハウを活かしてJUST MMAと共に世界を夢見ていきたいと思います」と契約に至った経緯を説明。

 アンドリュー氏は「香港自体は人口が少なく、国も小さいですが、格闘技に対しては凄く興味を持っていて、JUST MMAが香港最大のMMA団体です。香港以外にアジアの諸国から強い選手がJUST MMAに上がっていて、今後GRACHANとアジア諸国で大会をやっていきたいと思います。中国のMMA団体CKFとパートナー契約を結んでおり、民放やネットLIVE中継をしているので大きな展開も期待出来ます」とあいさつ。

 今後の構想について岩崎代表は「うちに出ていたレギュラー選手がすでにパンクラス、修斗に出場したり、6月2日の大会の崎山勲(マッハ道場)vs鍵山雄介(総合格闘技道場コブラ会)の勝利者をJUST MMAの大会に出してもいい。GRACHANでの試合を査定し、JUST MMAを次のステップアップの場として提供していきたい。またJUST MMAとGRACHANで双方に選手を派遣し合い、いい関係を築いていきたい」と語った。
・JUST MMA WEB SITE

●編集部オススメ

・6.2グラチャン・闘士の引退試合の相手はK-1スタウロス「勝つ確率が低い方が燃える」=前日計量

・6.2グラチャン・闘士が引退試合、相手は大雅をKOしたスタウロス

・昇侍、ラストマッチの中村謙作をKO葬=18年12グラチャン

・6.2 那須川天心「1Rからぶっ倒そうと思います」=前日計量

・山本美憂がヒョウ柄ビキニで計量クリア、浅倉カンナも自信のマッスルポーズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース