TOP > ニュース

【海外ムエタイ】中学3年の押川大也がラジャダムナン3勝目に向け出陣

2019/06/06(木)UP

押川大也(右)と、対戦相手エイロン・ルークジャオポークンパン

 ウォーワンチャイプロモーションより和田拓飛(萬田道場)、押川大也(エクシンディコンジムJAPAN)の2名が6月16日のラジャダムナンスタジアム、スックワンギントンに出場する。

 押川大也は、現在中学3年生。昨年11月にラジャに初出場。前回(19.04.07)は首相撲主体の相手に多くのパンチやミドルも決め、更には肘打ちもヒットさせる回転の速い打撃の数々で圧倒し、格上選手相手4R TKO勝利を決めた。
 今回の試合はエイロン・ルークジャオポークンパンと102P契約で争われる。

和田拓飛(左)と、対戦相手クンターオ・ルークジャオポークンパン

 一方、和田は前回のラジャダムナン(19.02.03)では、対戦相手の急な変更により、当初の契約体重より2.4㎏も重い体重での試合となったが、そんなプレッシャーにも打ち勝ち多くのパンチと蹴りのヒット数を生み判定勝利。和田がこの勝利から得た物は大きかったはずだ。
 今回はクンターオ・ルークジャオポークンパンと108P契約で闘う事となる。

 両者から試合前の意気込みの声が届いている。

 和田拓飛「今凄く調子が良いので試合が楽しみです。試合までの時間、しっかり自分を追い込んで頑張ります。この試合に勝って、はやく平日興行に上がれるように頑張ります。応援よろしくお願いします。」

前回のラジャダムナン大会でローキックを有効に当てる押川

 押川大也「今回でラジャダムナンスタジアム4戦目になります。今回は落ち着いて今まで以上に色々な技を出してゆきたいです。ラジャダムナン3勝目飾れるよう、一生懸命頑張ります。応援をよろしくお願いします。」

(Photo&Text Hiroshi Soda 早田寛)

 

『スックワンギントン』
2019年6月16日(日・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼108P契約
和田拓飛(萬田道場)
vs
クンターオ・ルークジャオポークンパン

▼102P契約
押川大也(エクシンディコンジムJAPAN)
vs
エイロン・ルークジャオポークンパン

●編集部オススメ

・【ノーナクシン】東京でラジャダムナン認定興行、石井一成・小嶋勇貴がIBFムエタイ世界戦へ出陣

・押川大也、ラジャダムナンで賭け試合に出場

・44・ユウ、押川大也がラジャダムナンで激闘展開

・中学2年生・押川大也がラジャダムナン初出場

・石井一成の後輩が遂にラジャダムナンデビュー戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース