TOP > ニュース 一覧

【修斗】元JEWELS女王・黒部三奈が電撃参戦、初代女子王座を見据え「レベルの違いを見せつける」

2019/06/14(金)UP

”最強のアラフォー女子”黒部三奈が修斗に電撃参戦

 7月15日(月)東京・後楽園ホールにて開催される「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 第6戦 Supported by ONE Championship」に元DEEP JEWELSアトム級王者・黒部三奈(42=マスタージャパン)の電撃参戦が発表された。

 黒部は2017年2月にDEEP JEWELSアトム級の王座を獲得。”日本最強のアラフォー女子”として国内外のトップ選手としのぎを削り続けている。2018年9月には浜崎朱加、同12月には前澤智に連敗を喫したが、その闘志は衰えることを知らず、新たな戦場に修斗のケージを選んだ。

締め、極め、打撃となんでもこなす黒部

 現在修斗では年間を通して総当たり戦を行う「インフィニティリーグ」を女子公式戦として開催し、さらに近年女子王座制定がささやかれるなど、女子戦への注目度が高まっている。そんなにわかに活気づく修斗女子戦線への黒部参戦は、大きなインパクトを残すことになるだろう。

 修斗への参戦に際し、黒部は「私に近い方々が活躍されている憧れの場所でした」と、同門の弘中邦佳、松本光史の活躍に刺激を受けていたことを告白。狙いを「”初代修斗女子王者”の称号」と断言し、インフィニティリーグで活気づく修斗女子戦線へ殴り込みをかける意思を示した。

数々の舞台に上がり続けた黒部は修斗女子の”黒船”となるか

 修斗で行われているすべての女子公式戦をチェックしているという黒部は「私とは修羅場をくぐった数が違う」と、圧倒的なキャリアを背景にした自信を見せる。「はっきりとしたレベルの違いを見せつける」とすでに臨戦態勢の黒部は、修斗ファンに実力を証明して見せると語った。

 現在対戦相手は調整中であり、近日中に発表されるという。ジョシカクの最前線で戦い続ける女王の新たな挑戦。7月の後楽園ホールでヴェールを脱ぐ「修斗の黒部」の姿に注目したい。

●編集部オススメ

・日本最強の40歳・黒部三奈に榊原代表が熱烈ラブコール

・41歳・黒部三奈に浜崎朱加が非情な通告「彼氏作りを阻止する」

・黒部三奈が前澤智の挑戦を受け2度目の防衛戦

・RIZINから帰還の黒部三奈「1Rから飛ばす」

・全員グラドルの2019年ラウンドガール6名、イメージカラーは赤

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧