TOP > ニュース

【K-1 KRUSH】V5のピケオー、K-1王者の久保に「しっかりトレーニングを積んでこい」

2019/06/22(土)UP

笑顔でK-1王者の久保優太に宣戦布告するピケオー

 6月21日(金)東京・後楽園ホールにて行われた『K-1 KRUSH FIGHT.102』。ダブルメインイベント第2試合で神保克哉(22=K-1ジム目黒TEAM TIGER)を判定勝利で下し、5度目の防衛を果たした第4代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級王者・ジョーダン・ピケオー(28=オランダ)が、22日(土)都内にて行われた一夜明け会見に出席した。

 試合を振り返って「試合前に予想していた試合運びにはならなかったけど、結果的には勝てたことは良かったです。特攻魂ということで果敢に打ち合う試合をイメージしていましたが、結果的には距離を置いてポイントを取ってくる試合をしてきました。自分の中では盛り上がる試合がしたかったです」と試合内容に関しては全く納得がいっていないようだ。

 さらに「神保は戦略だったかもしれないが、ファンに対して嘘をついた、そんな試合になったんじゃないかと思ってました」と打ち合い上等のスタイルが見られなかったことに落胆を隠せない。「右クロスをヒットさせてダウンを取ったかと思ったがダウンは取られなかった。いずれにしても、試合というよりかはスパーリングのような気持ちになってしまいました」と笑顔だが不満をにじませる。

 タイミング次第で対戦の可能性がほぼ確実となったK-1ウェルター級王者・久保の印象を聞かれると「久保との試合は良い試合になると思います。久保の過去の試合を何試合か見て、テクニックはある選手で打たれたら打ち返す。打っても逃げるような試合にはならないと思うし、久保選手とは激しく楽しい試合になると期待している」と次の標的となった久保の実力は認めているようだ。

昨日の試合後、ピケオーは会場にいた久保優太(左)に熱烈なラブコールを送った

 しかし「(昨日のような試合があると)戦略については考えにくいです。神保との試合に向けてガンガン打ち合う練習をしてきたが、フタを開けると相手が逃げ回るような試合運びになった。久保選手の時も違う戦い方をしてくるかもしれないし、今はただ自分はガンガン打ち合ってベルトをとりたいです」と不完全燃焼だった昨日のような試合ではなく、前に出て打ち合う試合でベルト奪取を望む。

 次回は久保の持つK-1ウェルター級のベルトを狙うと宣言しているが、順序としては、まず現在のピケオーの階級では空位のK-1スーパー・ウェルター級のベルトを狙い、現在所持するK-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級のベルトを合わせ2冠、それから久保のベルトを獲って三冠王という順番がスムーズかとも思われたが「久保選手が持ってるベルトに集中して、その後スーパーウェルター級も含めて戦いたい相手はいます。ぜひ(三冠王には)挑戦したいね」と偉業よりもまずは久保に集中するという。

ピケオー(左)が豪快なパンチをボディに突き刺す

 久保には「タイトルマッチで、ベルトを守るためにベストな準備をしてくれと思っています。しっかりトレーニングを積んで来いと久保選手には言いたいです」と激闘に向けて王者の久保に宣戦布告。

 最後に「沢山K-1やKRUSHには良い選手がいますが、次回はみんなにもっといい試合を見せたいと思います。K-1では皆さんが期待したような試合を見せるので期待していてください」と意気込んだ。

昨日のピケオーが勝利した試合のレポートはこちら

●編集部オススメ

・ピケオーが神保克哉に勝利もKOならず、会場の久保優太に「すぐにでも戦いたい」とラブコール

・危ない場面も、ピケオーが野杁を下し対日本人9戦無敗に

・ピケオーが会場にいた久保優太に熱烈なラブコール

・6.21のKRUSHで「K-1 GIRLS」サイン会決定

・セクシー衣装の元K-1ガールズの松嶋えいみ“神ボディ”を保つ秘訣は空手と有酸素運動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース