TOP > ニュース 一覧

【海外ムエタイ】吉成名高がIBFタイトル戦決定、勝てば二階級制覇=7.18ラジャダムナン

2019/07/14(日)UP

名高が2大殿堂の2階級制覇へ向けIBFタイトルを狙う

 7月18日(木曜日) タイ国ラジャダムナンスタジアムにて名高エイワスポーツジム(吉成名高=18=エイワスポーツジム)と竜哉エイワスポーツジム(奥脇竜哉=18=エイワスポーツジム)の出場が決定した。両試合はボクシングのIBF認定するIBFムエタイのタイトルマッチとなる。

 名高は昨年9月にラジャダムナンスタジアムにて勝利しミニフライ級(105ポンド)の王座を獲得、一つ上の階級ライトフライ級(108ポンド)に挑むべく王座返上。名高が返上したミニフライ級のベルトにはWMC世界ピン級王者の竜哉が挑む。

 名高は昨年12月、日本人7人目のラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級王者となり4か月後の今年4月にはルンピニースタジアム認定のミニフライ級王者となった。ルンピニー王座獲得は日本人初の快挙だ。

先月6月に階級を上げ挑んだ名高(右)圧力で来る相手にテンカオ(掴まない膝蹴り)を合わせる

 ルンピニー王座を獲得した翌月(5月)にインタビューすると名高は「もうミニフライ級は減量がきついので防衛戦はやらないで返上します。次は二大スタジアムのライトフライ級王座を狙います」と二階級制覇を目標にしていくと語っていた。今回は階級を上げて挑む初のメジャータイトル戦となる。今回の対戦相手はイサーンタイ・シェフブンタム(ラジャダムナン認定ライトフライ級4位)。これに勝てば次は同階級のランキングを上げ、2大殿堂のタイトルへの挑戦も近付くだろう。

ルンピニー&ラジャ戴冠をアントニオ猪木(右)に報告した時の名高

 名高が階級を上げた初戦は先月の6月1日、横浜で開催の『BOM』で、タイ国スポーツ協会ナーイ・カノム・トムのライトフライ級王座決定戦に挑み勝利。王座獲得に成功したが、この団体2位の対戦相手に、これまでの階級で圧力とパワーがまるで違ったとコメントしている。階級を上げて挑むこの強豪に名高は勝利することができるか。

 名高は試合に向け「先日、石井一成君もIBFのベルトを獲得して、今回105ポンドで竜哉が獲り、僕が108ポンドを獲得すれば、3階級のベルトが日本にある事になり、世界に日本人の強さを知らせる事が出来ると思います。一生懸命、頑張ってきますので、皆さま応援して下さい。」と意気込んだ。

今年4月、このハイキックでKO勝ちした竜哉

 一方、名高の返上したベルトを獲りに行く竜哉は「今年はIBFのベルトをとり、WBCのベルト、ラジャダムナンスタジアムベルトをとりにいきます。気持ちだけは絶対に負けません。名高と一緒にベルトを持って帰ってきます」と3つのビッグタイトルの獲得を宣言した。

7月18日(木曜日)
タイ国ラジャダムナンスタジアム

『IBFムエタイライトフライ級タイトルマッチ』
名高・エイワスポーツジム(エイワスポーツジム)
vs
イサーンタイ・シェフブンタム(ラジャダムナンスタジアムライトフライ級4位)

『IBFムエタイミニフライ級タイトルマッチ』
竜哉・エイワスポーツジム(エイワスポーツジム)
vs
ブンライ・シェフブンタム

●編集部オススメ

・名高と竜哉の前回の試合6月1日=BOM

・日本人初快挙、名高がムエタイ最高峰ルンピニー王座獲得で、ラジャと統一王者に

・名高&竜哉の高校生コンビが世界王座をそろって奪取

・名高、快挙達成をアントニオ猪木に報告「いずれ世紀の一戦を」

・【ONE】日系ハーフ美女リカがバンコク大会に出場「私は凄く進化した」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧