TOP > ニュース

【シュートボクシング】ツヨカワMISAKI「ニューヒロインは私」MIO返上のベルト奪取に自信

2019/07/17(水)UP

最も王座に近いSB日本女子ミニマム級1位のMISAKI

 7月21日(日)東京・浅草花やしき園内で4月にオープンしたばかりの新ホール、浅草花劇場(かげきじょう)にて開催される“女子格闘技の真夏の祭典”『Girls S-cup 2019』。

 MIOが返上したSB日本女子ミニマム級王座を懸けて行われる4人制ワンデートーナメントに出場するSB日本女子ミニマム級1位MISAKI(23=グラップリングシュートボクサーズ)の試合直前の意気込みが主催者を通じて届いた。

 念願のタイトル獲得に向け「私はめちゃくちゃ執着しているものなので、はっきりいって他の3人の出場メンバーとはベルトに対する想いが違うというのを見せ付けたいと思います」と並々ならぬ意気込みを語った。

ツヨカワファイターとしても注目のMISAKI、計量では少し恥じらいながらのマッスルポーズ

 このトーナメントには元々同級王者のMIOが出場予定で、対戦すればMISAKIとは3度目の対決だった。2敗しているMISAKIには今度こそという思いが強かったようで「昨年2月に2度目の対戦をした時に(MIOに)近づいたという手応えはありましたし、今は武器も少しずつ増えているので次は絶対に勝てるという絶対の自信で練習していたところでした」と技術の幅も増やし戦いに備えていたという。
 先月23日のSB後楽園ホール大会では韓国のMAX FCフライ級王者パクに2RフロントチョークでKO勝ちしており、実力は証明済みだ。

 トーナメント初戦で対戦するNJKFミネルヴァ・ライトフライ級1位・喜多村美紀(32=テツジム)については
「あの(小林)愛三とドローの実績がありますし、気持ちも強く常に手数を出して前に出るタイプなので噛み合う試合で面白くなりそうですが、お互いに意地でも立って戦う試合になると思います。前回見せたスタンディングチョークだったり、倒す練習はバッチリしてきたので期待してて下さい。誰が相手でも問題ないです」と自信を見せる。

今年6月23日の後楽園大会ではフロントチョークでKO勝ちしたMISAKI(右)

 4選手のトーナメントで決勝で戦うとしたら田川女神(TIA辻道場)とMARI(ナックルズGYM/NJKFミネルヴァ・ピン級王者)の勝者となるが、どちらが勝ち上がってきてもいいように仕上げているという。

 試合へのイメージとして「ダメージの少ない試合をしたり、相手の出方を伺う試合というのは私は出来ません(苦笑)。世界トーナメントでは一回戦でイシス(・バービック)、準決勝でイリアーナ(・バレンティーノ)といった世界の強豪と1日で戦った経験があるので、ワンデーの怖さはないですし、スタミナに関しても一昨年前のSB香港大会で7Rもやっているので最後までしっかり戦える自信はありますね」といつもの猪突猛進の戦い方に不安は無い。

MISAKI(右)は17年5月に現RISE女王の紅絹に果敢に打ち合い勝利している

 さらにベルトを巻くイメージしかできていないと言い、これからのSB女子を盛り上げるのは私しかいないという自負もある。

 RENA、MIOの二大エース不在の中、今年のGirls S-cupでヒロインになるのは私自身だとMISAKIは言う。
「未奈さんに対抗するわけではありませんが、私がヒロインになります! 私と未奈さんはスタイル的に似ていて、未奈さんはパワーモンスター、私はスピードモンスターとして違った見せ方が出来ると思います。身体は小さいですけど、パワフルでスピードある試合を見せます」
 そして「これで負けるようなことがあればもう格闘技界にいられないという覚悟でいます。SBにはMISAKIがいることを証明します」と強い決意でベルトに挑むと宣言した。

 ベルトを獲得すれば、7月5日にRISE QUEENアトム級王者になった紅絹が2年前に敗れているMISAKIと再戦したいと言っていることから、MISAKIも「お許しが出るのであれば王者対決をやりたい。牛(=紅絹)と猪(=MISAKI)では猪の方が強いというところを見せ付けるだけです」と団体同士の王座戦を見据えた。

シュートボクシング協会
「Girls S-cup 2019」
2019年7月21日(日)東京・浅草花やしき「浅草花劇場」
開場14:00 開始14:30

<SB日本女子ミニマム級王座決定トーナメント>
※決勝戦は第6試合
▼第2試合 SB日本女子ミニマム級王座決定トーナメント準決勝 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
MARI(ナックルズGYM/NJKFミネルヴァ・ピン級王者)
vs
田川女神(TIA辻道場)

▼第1試合 SB日本女子ミニマム級王座決定トーナメント準決勝 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
MISAKI(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本女子ミニマム級1位)
vs
喜多村美紀(テツジム/NJKFミネルヴァ・ライトフライ級1位)

☆7.21 Girls S-cup 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【前回の試合】未奈とMISAKIが揃ってKO勝ち

・MISAKIが計量パス、韓国の18歳女王との一戦に挑む=6.23後楽園

・21歳のMISAKIが紅絹を破る金星、決勝は無敗女子高生との再戦に

・美女セキュリティとしても話題の未奈、またもフルボッコKO宣言

・美女対決の未奈と杉山、計量パスして舌戦から和やかに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース