TOP > ニュース 一覧

【ムエタイSF】日本で稀な100kg超級ムエタイマッチが決定、タイ人元王者に日本の実方が挑む

2019/07/31(水)UP

実方宏介(左)が初の名古屋大会出場でプンパンムアン(右)を迎撃

 10月6日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールにて開催される「Suk Wanchai MuayThai Super Fight vol.6」の対戦カードが発表された。

 現在108kg、ヘビー級で活躍するアーミン・プンパンムアン(タイ)が出場、以前はウエルター級(69.5kg)に出場していたこともあり、元WBCムエタイスーパーウエルター級世界王座や、元WPMF世界ウエルター級王座の世界二冠を得た実力者でもある。
 そんな強豪に日本からは実方宏介(真樹ジムAICHI/元MA日本ヘビー級6位)が挑む。

130kgの巨体からヒザ蹴りを決める実方(左)

 実方宏介は「Bigbang」を主戦場とするヘビー級選手で、ムエタイスタイルからの左ミドルを得意とする22歳のファイター。今年3月には蹴拳ライトヘビー級王者・工藤hitman勇樹(エスジム)を下している。初めて地元名古屋の大会へ出場する実方は「ヘビー級から想像できないような蹴りやパンチを繰り広げる」と、”動けるヘビー級”を体現すると意気込みを見せている。

 実方は身長185cm 体重130kg、一方アーミンは178cmで体重108kg。アーミンは重量級のため外国人選手との対戦がほとんどであり、「THAI FIGHT」や「Kunlun Fight」、「武林風」といった国際メジャー大会への豊富な出場経験を持つ。主催者であるキング・ムエの佐藤会長は、「今回、アーミン側から打診があった」とし、地元の実方宏介と対戦することになったという経緯を語った。また、「100kg超級のムエタイルールでの対戦はこれまで例は無いのではないか」とも語る。

 この2人の対決は一体どんな戦いになるのか。日本では見られないムエタイ超ヘビー級のド迫力を一戦に期待したい。

元ミネルヴァ王者・楓(右)が初のムエタイルールでタイ人と対戦

 なお、女子マッチも決定。元NJKFミネルヴァ ライトフライ級王者・楓(LEGENDGYM)。パリヤコーン・エクシンディコンジム(タイ)と対戦する。

 その他、本大会には1年ぶりの国内参戦となる福田海斗(キング・ムエ)、ムエタイトップファイターのガオナー ・PKセンチャイムエタイジム、現ラジャダムナン認定バンタム級王者サオトー・シットシェフブーントゥムの出場が予定されている。

●編集部オススメ

・【ムエタイSF】福田海斗が1年ぶりの凱旋試合、現役ラジャ王者ら強豪の参戦も決定

・実方が坂本のローに苦しみKO負け(記事下段)

・楓がKO勝利でミネルヴァライトフライ級王座を獲得=2018年9月23日

・福田海斗、1階級上の人気選手に逆転TKO勝利(動画あり)

・【HEAT】バンナが逆転KO勝利、春日井とキムは新王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧