TOP > 試合結果

【HEAT】バンナが逆転KO勝利、春日井とキムは新王者に

2019/07/31(水)UP

バンナのフィニッシュの右フック。健在ぶりをアピールした

HEAT事務局・志村道場・日本拳法同心会館
「HEAT 45」
7月28日(日)  愛知・名古屋国際会議場イベントホール

▼第12試合 HEATキックルール Sヘビー級 ワンマッチ 3分3R
○ジェロム・レ・バンナ(フランス)
KO ※2R 2分15秒
●イム・ジュンス(韓国)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

バンナは序盤、重いローで攻める

 バンナは1995年から2010年までK-1ヘビー級で大活躍し、2017年10月に『RIZIN』で約4年ぶりとなる日本での試合を行ったが、MMA(総合格闘技)ルールでDEEPメガトン級王者ロッキー・マルティネスに敗北。今年3月2日にHEAT初参戦、2RにローキックでKO勝利。現在46歳。約5ヶ月ぶりの試合となる。
 対戦相手のイム・ジュンスはプロレスから総合格闘技に進出。2004年、韓国のMMA団体「Spirit MC」のヘビー級グランプリでデビューし”KOREAN BEAR”の異名をとる。

イムの大振りのパンチがバンナにクリーンヒット、一瞬ヒヤリとさせる

 1R、オーソドックスのイムに対し、バンナは往年と変わらぬ威圧感あるサウスポースタイルで向かい合う。イムの右ローを左足の内側で受けたバンナが一瞬バランスを崩すと会場はどよめく。大きな体つきに対し手元の細かなフェイントを混ぜてイムの様子を伺うバンナ、得意の左のパンチよりも左ミドルやローキックで試合を組み立てる印象が強い。

 2R、背中に光る大量の汗がその緊迫した雰囲気を伝えるバンナ。両者ワンツーで相手の様子を伺う中、イムが右手の大きく振るうフックでバンナに迫る。

勝利したバンナ

 ダメージを感じさせたバンナはケージに詰まると防戦一方。イムの金色に染まった髪型と体格も相まって、K-1で行われたマーク・ハントとの第1戦を彷彿とさせるピンチに陥るバンナ。しかし、イムの打ち終わりを狙いバンナが逆襲! バンナが両腕でフックを何発も振るうとイムがスタンディングダウン! 試合が再開するとジリジリと詰め寄ったバンナが最後は打ちおろすような強烈な右フックでイムをなぎ倒し、レフェリーが試合を止めた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

▶︎次ページは春日井 寒天 たけしが元王者対決を一本で制し新王者に

●編集部オススメ

・【HEAT】石井慧がアームロックで王座奪取、試合後には相手の反則に怒りの抗議

・【RIZIN】バンナに“南海の大魔神”マルティネスが一本勝ち

・【RIZIN】バンナは自費で謝罪来日、2017年参戦へ

・バルト、3つの必殺技でバンナを倒す

・川尻達也、北岡悟、廣田瑞人のアラフォーたちの明暗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果