TOP > ニュース 一覧

【RISE】王者ベイノア、初黒星をつけられたタップロンにリベンジ戦

2019/08/20(火)UP

ベイノア、1RKO負けのリベンジなるか

 9月16日(月・祝)幕張メッセ・イベントホールで開催される『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』の追加カードが決定した。

 ウェルター級王者“ブラックパンサー”ベイノア(24=極真会館)の、タップロン・ハーデスワーク(36=タイ/ハーデスワークアウトジム)アウトへのリベンジマッチが決定。 -67.5kg契約(3分3R延長1R)の一戦で行われる。

 ベイノアは15年のプロデビュー以来、12戦無敗(8KO)でRISE王者まで登り詰めた。極真空手では、全日本軽量級王者でもある。今年3月、王者となって初めての試合でタップロンにまさかの1RKO負けを喫した。プロ初KO、初黒星だった。
 その後、ベイノアは7月大会でルンピニージャパン王者・喜入衆にダウンを奪った判定勝利で再起した。

左フック一撃でベイノア(左)を沈めたタップロン

 一方のタップロンは、炸裂音が会場中に響く強烈な右ミドルキックとKO狙いの豪快なパンチを持つムエタイ戦士。100戦近い豊富なキャリアに裏打ちされた高い技術を武器とする。
 ベイノアを破った後には、1階級下の第4代RISEスーパーライト級王座決定トーナメントに参戦。しかし7月の1回戦で8勝無敗の山田洸誓に2-0の判定で敗れた。

 タップロンはベイノアに勝利した直後にリングで「今度タイトルマッチお願いします」とマイクアピールしていた。今回もベルトは懸かっていない。しかしベイノアの王者としての資格が問われる一戦となるだろう。

<対戦決定カード>

▼SuperFight! -67.5kg契約 3分3R延長1R
“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者)
vs
タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム/SB世界スーパーライト級3位、元WMC世界フェザー級王者)

▼ウェルター級(-67.5kg)3分3R
高木覚清(岡山ジム/JAPAN KICK BOXING INNOVATIONウェルター級9位)
vs
宮城寛克(赤雲會/TENKAICHIウェルター級、ミドル級王者)
 
▼スーパーフェザー級(-60kg)3分3R
齋藤奨司(FIGHT FARM/2018年KAMINARIMON全日本大会-65kg級優勝・大会MVP)
vs
大石健作(TEAM TEPPEN/K-2 GRAND PRIX 2019 軽中量級準優勝)

☆9.16 RISE 幕張メッセ大会のイベント情報はこちら

●編集部オススメ

・タップロンがRISEウェルター王者ベイノアをKO

・極真ベイノアが元Krushの激闘王者・渡部を圧倒、無敗のまま王者に輝く

・武尊破った唯一の男・京谷祐希が参戦、迎える金子梓は「過去一ビビってる」

・志朗、不利の予想を覆し現役ラジャ王者ルンキットを撃破した勝因とは

・ラウンドガールにFカップグラドルら新メンバー加わる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧