TOP > ニュース 一覧

【RISE】那須川梨々、試練の再起戦は「今回負けるともう駄目、勝たなきゃ」

2019/09/05(木)UP

那須川梨々が再起戦に気合

 9月16日(月・祝)幕張メッセ・イベントホールで開催される『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』に出場する那須川梨々(17=TEAM TEPPEN)。

 那須川はジュニアキックボクシングで数々のタイトルを獲得、“神童”天心の妹としても注目を浴びる。昨年6月にプロデビューし、今年7月5日後楽園大会でRISE QUEEN王座決定トーナメントで決勝まで進むも紅絹に敗れて王座獲得ならず。戦績は2勝2敗。

 今回の相手は上仮屋真莉(33=ROAD MMA)。K-1チャレンジ、J-GROWトーナメントで優勝経験があり、極真空手の黒帯でもある。今年7月にプロデビューし勝利している。

天心同様蹴りも得意とする那須川

 那須川は上仮屋の印象を「聞いた事ない選手ですね。そういう選手なのでやっぱり不安もあるけど、試合映像見る限りパンチは真っ直ぐ。どっちもストレートみたいな打ち方をする選手かなと思っています」と語る。

 今回初めて自身より戦歴が浅い相手と戦うことになるが「考えた事なかったですね。やっぱり負けられないですね。上でも負けられないですけど、やっぱり下ってなると…。自分は次が5戦目なんですよね。やっぱりそこは勝たなきゃ駄目かなと思います」と再起戦に気合を入れる。

 試合展開のイメージを「父親は『パンチで倒しに行け』と言ってるので、パンチもしっかり打つけど、蹴り。そうですね、後ろ蹴りとか。(相手は)ガードが結構低いんで、顔面に持って行けたらなと思っています」と相手の隙を突く。

右フック直撃、デビュー戦で元王者の顔を歪ませる那須川

 前戦・紅絹戦での敗因は「気持ちで負けていた」と分析する那須川は「練習で極限に追い込まれた時にそこで行って強くなっていくと思うので。今日の練習でビッグミットやっている時も辛かったんですが、そこでどれだけ前に行けるか。その短い時間でどれだけ前に行けるかで気持ちはどんどん大きくなっていくと思っています」とハードな練習で精神面も鍛えて臨む。

 今回は地元の千葉での試合だ。「前回負けて、今回も負けるともう駄目だと思うので。なので今回いい試合をして、もっと注目してもらいたいです」と負けられない試合へ向かう。
 最後に「今回自分と闘ったことのある百花選手や平岡選手も出るので、インパクトで他の女子に負けないようにしたいです。もちろん試合内容でも勝ちたいです」と意気込んだ。

■イーファイト選手DATA
・那須川梨々(17=TEAM TEPPEN):2002年7月10日 千葉県出身
身長:150cm 体重46kg 構え:右
プロ戦績:2勝2敗
実績:2017KAMINARIMON全日本女子-45kg級優勝

・上仮屋真莉(33=ROAD MMA) 1985年10月16日 石川県出身
身長:158cm 体重:46kg 構え:右
プロ戦績:1戦1勝
実績:第4回K-1チャレンジ女子Bクラス 全日本トーナメント−50kg優勝、第16回J-NETWORKアマチュアBリーグトーナメント女子-46kg級優勝
2年間自衛隊に所属し、様々な格闘術・サバイバル術を学んだという

●編集部オススメ

・那須川梨々が極真王者の平岡琴に勝利

・那須川梨々、兄・天心からダメ出しされる

・那須川梨々敗れる、ベテラン紅絹がRISE QUEEN王座を獲得=2019年7月

・天心の妹・那須川梨々がプロ初計量クリアー、佐藤レイナは大胆水着で登場

・美女ファイターぱんちゃん「いずれ那須川梨々ちゃんとやりたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧