TOP > 試合結果

【RISE】那須川梨々敗れる、ベテラン紅絹がRISE QUEEN王座を獲得(全試合結果)

2019/07/05(金)UP

紅絹が前進し左ストレート、ミドルを当て那須川を突き放す

RISEクリエーション
「RISE 133」
2019年7月5日(金)東京・後楽園ホール

▼メインイベント RISE QUEENアトム級(-46kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R
◯紅絹(NEXT LEVEL渋谷/元J-GIRLSミニフライ級王者)
判定3-0 ※49-48、49-48、50-48
●那須川梨々(TEAM TEPPEN/2017年KAMINARIMON全日本女子-45kg級優勝)
※紅絹が新王者に就く。

那須川(右)は左右のパンチを振るい前進

 紅絹は2006年10月にプロデビューして以来、すでにキャリア50戦を超える大ベテラン。2012年11月にJ-GIRLSミニフライ級王座を奪取、2016年4月には第2代Krush女子王座に挑戦するなど、キャリアを通じて女子軽量級のトップ戦線で戦い続けており、この5月には香港で香港王者のヘレン・チャンを撃破し勢いに乗る。

 対する那須川はジュニアキックボクシングで数々のタイトルを獲得。“神童”天心の妹としても注目を浴び、2018年6月にRISEでプロデビューするとNJKFミネルヴァ・アトム級2位の佐藤レイナを判定で撃破、2戦目でNJKFミネルヴァ日本アトム級王者・百花に判定負けを喫するが、本王座決定トーナメント1回戦では平岡琴に勝利し、プロデビュー4戦目にして早くも王座獲得まであと一歩に迫っている。この一戦は初の女子の試合で初のメインイベントとして行われる。

紅絹のローキックの積み重ねに徐々に那須川は足を奪われた

 1R、サウスポーに構えフットワークを使い右に回る紅絹へ那須川がワンツーで襲いかかる。開幕は那須川が一方的な攻勢に出たが、徐々にローを軸に紅絹がペースを握り始める。右のハイキックから左右のフックとアグレッシブに攻撃を仕掛ける那須川に対し、紅絹は絶妙なタイミングで距離をつぶし追撃を許さず、お返しにローを当て那須川の内ももから内出血が見えるようになる。

那須川も前蹴りで反撃

 ペースを取り返すべく前進する那須川を、紅絹はフットワークでかわしながら左ストレートを見せていく。疲れがたまった那須川は受け続けたローのダメージもあり踏ん張りがきかずバランスを崩す場面も。最終ラウンドには攻守が逆転し、紅絹が前進し左ストレート、ミドルを当て那須川を突き放した。

 試合全体を通じてペースを握り、那須川の前進を左右のローと左ストレートでいなした紅絹が判定で勝利を収め、念願のRISE QUEENのベルトを手に入れた。

念願のRISE QUEENを手に入れた紅絹はチームメイトと喜びを分かち合う

 新王者となった紅絹は「第3代RISEクイーンの紅絹です。那須川選手すごく強くて最初のラウンドは手の内に取られている戦い方だったのですけど、セコンドで『お前には根性しかねえ』と言われて根性で勝てたと思っています。(全王者の)神村エリカのような戦い方はできないですけど、これからも強い相手とやっていって紅絹のベルトだと言われるように頑張っていきたいですまだまだ辞める気は無いのでこれからもよろしくお願いします」と力強くコメントした。

▶︎次ページはセミファイナルのソンヒョンの試合レポート

●編集部オススメ

・ベテラン紅絹が那須川梨々戦に「長い歴史見せる3分5Rにする」

・女子タイトルに挑む那須川梨々「ジムにベルト3つ並べたい」=前日計量

・那須川天心の妹、梨々の野望に「ぶち壊してあげる」と紅絹が優しく通告

・人気グラドル桜りんら新ラウンドガールユニット「ライズ・フォース」始動

・【SPORTEC】ジョシカクも美を追求、MMA選手あい&武道家モデルLYNが登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果