TOP > ニュース 一覧

【DEEP JEWELS】10.22KINGレイナ「タイ人に圧勝したい」目指すはロンダ・ラウジー

2019/10/18(金)UP

自身、プロ最軽量の63kgでパスしたKINGレイナ=19年7月

 10月22日(火・祝)東京・後楽園ホールにて開催される『DEEP JEWELS 26』でKINGレイナ(23=FIGHT CLUB 428)がダイヤモンドローズ・ザ・ロケット(タイ/Thongma Gym)との再起戦に臨む。

 柔道をバックボーンに2016年11月にプロデビューすると一気に人気選手に登り詰め、2017年からはRIZINに参戦。世界の強豪と対戦して勝利を収めてきた。しかし今年7月のRIZINでは自身最軽量となる63.0kgに挑戦。プロ選手として初の未体験領域の体重の調整に苦しみ、ステファニー・エッガー(アメリカ)に判定負けを喫した。しかし、今回もまた辛酸をなめさせられた63kg契約での再起戦を迎える。

今より10kg以上重い73.55kgで計量パスしたレイナ=17年10月

 レイナは次戦に向けての意気込みを『DEEP OFFICE公式YouTube』で「タイ人の選手ということで今まで戦ったことのない国の方なので、どんなふうにくるのかな、と。イメージ的にタイの人なので打撃でくるのかなと思っているので、打撃で圧勝したい、グラウンドポジションでも圧勝したい」とコメント。

昨年7月にはSBルールに初挑戦、殴り合いを制して勝利した

 昨年から打撃にも力を入れており、昨年7月には、元々デビューした当初からキックボクシングの試合に出たかったとし、シュートボクシングの女子格闘技の真夏の祭典『Girls S-cup 2018』に初参戦、殴り合いを制し判定勝利を収めている。まずは何としても再起戦で勝利し大舞台に繋げたいところだ。

 今回のインタビューではその他にロンダ・ラウジーに憧れたことがMMAを始めたきっかけの一つと語っている。

KINGレイナが憧れるロンダ・ラウジーは女性初のUFC殿堂入りも果たした大スター【Photo by Naoki Fukuda】

「彼女はもともと柔道の選手だった。私の求めているものを持ってる、メディアにも出ていて格闘技以外の活動もしていて、今はプロレスをしている。ずっとメディアに出続けているので、私が求めているものに近い人だなと思う」と話した。

 以前から「ロンダ・ラウジーになる」「ロンダ・ラウジーと対戦したい」とも言っていただけに、目指すはMMAでUFC、そしてプロレスでWWEのようにラウジーと同じ道を歩むのか、この23歳のMMAファイターに注目したい。

 なお、この公式YouTubeではKINGレイナの意外な特技なども語られている。

▼KINGレイナのインタビュー動画はこちら

☆大会スケジュールと対戦カード、チケットはこちら

●編集部オススメ

・10.22 KINGレイナ、渡辺華奈、川村虹花、前澤智ら試合順が決定

・計量パスしたKINGレイナ「かわいいだけじゃなく強いんだぞ」

・10.22 前澤智が富松恵美を相手に初防衛戦「またRIZINに行くためにもベルトは渡さない」

・仮面女子・川村虹花と朝倉未来がトークショー「鍛えてる男子が良いな」(川村)

・ロンダ・ラウジーが水着のボディペインティング姿で表紙に=SI誌

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧