TOP > ニュース 一覧

【DEEP】王者・武田光司が計量パス、”チャレンジャー精神”で好調・大原樹里を迎撃準備

2019/10/21(月)UP

王者・武田(左)、挑戦者・大原(右)ともに計量をパスし明日のタイトルマッチに臨む

 10月22日(火)に東京・後楽園ホールにて開催される『DEEP 92 IMPACT』の前日計量が、21日都内にて行われた。

 メインイベントのDEEPライト級タイトルマッチ5分3Rに出場する王者・武田光司(24=BRAVE)、挑戦者の大原樹里(28=KIBAマーシャルアーツクラブ)が共に計量に臨み、武田がリミットいっぱいの70.3kg、大原が69.95kgで計量をパスした。

 武田はデビュー8連勝を引っ提げ今年4月にRIZINに参戦するも、元UFC戦士のダミアン・ブラウンにペースを握られ判定負け。その直後に椎間板ヘルニアの手術を受け休養していたが、今回が復帰戦となる。対する大原は40戦以上の戦績を誇り、ここ1年はほぼ全てのDEEP大会に参戦。直近の6月大会には1R62秒で相手をマットに沈めている。

広い広背筋の武田(左)、大原は目を合わせないように目線を下に移している

 両者は昨年8月に対戦し、その時は武田がフルマークの判定勝ち。リベンジに燃える大原は「明日は最高の場で最高のリベンジをかましてしっかりベルトを獲りたい」と意気込むと、対する武田も「チャンピオンとしての気持ちはなく、挑戦者としていつも通りチャレンジャー精神をもって全力でやる」と真っ向勝負の構えを見せた。

 全選手の計量結果は以下の通り。全選手とも一回で計量をパスし、明日の大会に参戦する。

<計量結果>
※タイトルマッチ・キャッチウェイト以外は500gが許容体重

▼メインイベント 第10試合 ライト級(70.3kg)タイトルマッチ 5分3R
武田光司(BRAVE)→70.3kg
vs
大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)→69.95kg

▼セミファイナル 第9試合 フェザー級(65.8kg) 5分3R
芦田崇宏(BRAVE)→ 66.05kg
vs
長倉立尚(フリー)→66.0kg

▼第8試合 フェザー級(65.8kg) 5分3R 
小見川道大(NEO JUDO ACADEMY)→66.05kg
vs
毛利昭彦(毛利道場)→65.9kg

▼第7試合 ライトヘビー級(93.0kg) 5分3R
水野竜也(フリー)→92.5kg
vs
酒井リョウ(レンジャージム)→93.25kg

▼第6試合 ウェルター級(77.1kg) 5分3R
住村竜市朗(TEAM ONE)→77.0kg
vs
渡辺良知(JUNGLE GYM)→77.45kg

▼第5試合 バンタム級(61.2kg) 5分3R
釜谷 真(TRI.H studio)→61.6kg
vs
昇侍(トイカツ道場)→61.70kg

▼第4試合 バンタム級(61.2kg) 5分3R
石司晃一 (フリー)→61.55kg
vs
米山千隼(マルワジム横浜)→61.55kg

▼第3試合 バンタム級(61.2kg) 5分2R
CORO(K-Clann)→61.5kg
vs
清水俊一(総合格闘技宇留野道場)→61.25kg

▼第2試合 フライ級(56.7kg) 5分2R
ランボー宏輔(パラエストラ千葉)→56.6kg
vs
島袋チカラ(CORE王子豊島)→56.65kg

▼第1試合 ライト級(70.3kg) 5分2R 
高塩竜司(KIBAマーシャルアーツ)→70.3kg
vs
大木良太(KRAZY BEE)→70.25kg

●編集部オススメ

・王者・武田光司がケガから復活、初防衛戦の相手は歴戦の大原樹里

・[10.22]KINGレイナが計量で2.9kgオーバー、ダイヤモンドとの対戦に暗雲

・小見川道大、毛利元就の末裔と対決「ボス倒したらお弟子さん敵討ちにくるかな」

・元パンクラス王者・昇侍と釜谷真の36歳同士サバイバルマッチが決定

・[10.22]仮面女子・川村虹花が計量パス、現役JK永尾を「全力で倒しに行く」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧