TOP > ニュース 一覧

【パンクラス】インド武術家・法DATE、”流血のマドンナ”鈴木万李弥相手に名誉挽回なるか

2019/10/31(木)UP

法が体重超過の名誉挽回試合、キックボクサー鈴木と対戦

 12月8日(日)東京・スタジオコーストで開催される『PANCRASE 311』の追加カードが決定した。

 女子フライ級(56.7kg/3分3R)の一戦で、鈴木万李弥(23=志村道場)vs法DATE(20=のり・でいと/Team DATE)が行われる。

 法は今年9月のパンクラス「女子ストロー級(52.2kg) 暫定王者決定4人トーナメント」にエントリーされていたが、前日の計量で体重超過により失格した。今回は階級を上げ、汚名を晴らす。

 ”武術エンターティナー“集団Team DATEの一員である法は、謎のインド王族武術「マハーラージャ カルーリカ&ヨーガ」を操る。打撃を得意とし、キックボクシングではJ-GIRLSバンタム級3位の経験も持つ。MMA(総合格闘技)では3勝3敗。

9月の計量で体重オーバーしてしまった法

 9月の試合は17年11月に行われたプロレス試合で負傷して以来の試合で、長期療養明けの調整がうまくいかなかったことも考えられる。今回が2年1ヶ月ぶりの試合となる。

 対する鈴木は空手出身でこちらも打撃を得意とする。17年に『HEAT 40』でブラジル王者ジェニフェル・フェハスと対戦し、鼻から大流血しながらも勝利をもぎ取ったことから“流血のマドンナ”の異名を持つ。キックボクシングを主戦場とするが、MMAにも並行して参戦している。

ハイキックを繰り出す鈴木

 パンクラスでは昨年12月以来、1年ぶりの試合となる。その試合では2R2分38秒、シッジ・ホッシャ(ブラジル)にパウンドでTKO負け。完敗の悔しさを忘れないためか、アザと腫れだらけとなって変わり果てた顔を自身のSNSに公開した。「まだまだ諦めない、これじゃ終われない」と再起を誓っていた鈴木、この試合でパンクラス初勝利を飾れるか。

<対戦決定カード>
▼女子フライ級 3分3R
鈴木万李弥(志村道場)
vs
法DATE(のり・でいと/Team DATE)

●編集部オススメ

・謎のインド武術家・法DATEが計量オーバーで失格、相手は決勝へ

・流血のマドンナが変わり果てた姿に「これじゃ終われない」

・16歳・法が女子大生格闘家をTKOに破りJEWELS出場権を獲得

・高阪剛、所英男、女子格闘家らが出演する柔術バラエティーがテレビ神奈川で放送開始

・レスリング筋肉美女・青野ひかるがハム・ソヒの妹分シウと対決

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧