TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】計量クリアした小笠原瑛作「僕の復活ロードを見に来て」

フォロー 友だち追加
2019/10/31(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

計量をクリアーした小笠原瑛作(左)とサオエーク・シットシェフブンタム(右)

 11月1日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN』の公開前日計量が、10月31日(木)19:30より都内にて行われた。

 メインイベントで対戦する小笠原瑛作(24=クロスポイント吉祥寺)は55.40kg、元ラジャダムナン認定スーパーフライ級王者サオエーク・シットシェフブンタム(タイ)は55.05kgで計量をクリアーし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。

 サオエークは現ラジャダムナンスタジアム認定王者のサオトー・シットシェフブンタムの双子の兄。サオトーは10月20日に行われた新日本キックボクシングのリングで江幡睦の挑戦を受け引き分けた。

計量で仕上がりの良さをアピールした小笠原

 今年8月の「KING OF KNOCK OUTスーパーバンタム級」の王座を争うトーナメントの決勝戦で江幡塁に敗れ、今回再起戦となる小笠原は「前回、落としてしまいましたが、今回は復活ということで強い選手を用意してもらいました。相手は僕のことを研究してくると思いますが、必ずローを当てて倒します。僕の復活ロードを見に来て下さい」とKO決着に自信。

 サオエークも「全力でいけば負けることはありません。チャンスがあればKOをします」と小笠原撃破に余裕を見せており、それを受けて小笠原は「サオエークもうまい選手だと思いますが、僕は裏をかけるような戦い方をします。自分が攻撃をどう当てるか、期待して下さい」と計量会場に来たファンにメッセージを送った。

フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・小笠原瑛作の再起戦が決定、相手はラジャ王者サオトーの兄

・美女キックボクサーぱんちゃん璃奈、初グラビアに「鍛え上げた身体を見て」

・11月大会のプレゼンターにスターダムの岩谷麻優、中野たむが就任、メインイベントで花束贈呈

・グラドル白川未奈、柔術、そして筋トレに励み135kg挙げるパワーをプロレスにつなぐ

・圧倒的破壊力ボディを持つグラドル&ヒューマンビートボクサー再登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


TOP > ニュース 一覧