TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】笑顔と自然体のドネア、尚弥父「良い練習をしてきたと思う」

2019/11/01(金)UP

左から妻レイチェルさん、ドネア、父でありトレーナーのノニト・シニア氏

 11月7日(木) さいたまスーパーアリーナにてワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝戦で、WBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)と対戦する5階級王者でWBAスーパー世界バンタム級王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)が31日、都内で公開練習を行った。

 練習前の会見からリラックスードだったドネア。妻レイチェルさんの手を握り、笑顔を交えながらインタビューに答えた。
 公開練習でグローブをはめる際、妻と陣営がその姿を撮影しようとすると笑顔のポーズをとったり、練習後の公式スチール撮影の際、気を利かせて照明機材の移動を手伝い、自ら「カメラアシスタント」と言い周囲を和ませるなど、試合前とは思えない自然体ぶりを見せた。

ドネアは撮影前に左右にあるカメラの照明機材の移動も手伝う気遣いぶりを見せた

 その一連の姿を視察に訪れていた井上尚弥の父でもある、井上真吾トレーナーは「表情が穏やか、良い練習をしてきたと思います」と、この自然体は練習の自信の裏付けである言う。

 ドネアも会見ではコンディションの良さを語り、対戦相手の井上に対しては「信じられないくらい素晴らしいファイター。最大限の敬意を持っている。私のようにスピードとパワーを兼ね備えている。だからこそ練習でこれだけ追い込めた」と語っている。

妻の手を握りながら会見で答えるドネア

 更に、アメリカとドネアの母国フィリピン・マニラでのトレーニングキャンプで追い込み、「素晴らしいトレーニングキャンプができた。スパーリングもやりこんだが、アメリカからマニラに一度行ったことによって更に自分自身を追い込むことができた。なのでまた違ったレベルに行った自分の戦いを見て欲しい」と自信を見せた。

 公開練習ではシャドーとパンチングミットを3分1Rずつ、姿勢を低くし、距離を詰め得意の左のボディブロー、左アッパー、左フックを中心にミットに打ち込み快音を響かせた。

公開練習でバンタム級とは思えない強烈なアッパーを出すドネア

 真吾トレーナーは「パンチは強そう、重そうでした。(得意の)左もそうですが右も強そう。全てオールでまとまっている」とし、会見でドネアが「お互いワンパンチがあるから判定になる確率が低い」と発言したことについては「やっぱりナオ(尚弥)とドネアですからね。判定というのはどうなのかな、思いますね」と同様にどちらかのKO決着の可能性が高いと語った。

●編集部オススメ

・ドネアが井上尚弥との対戦に「お互いワンパンチKOがある」とKO決着の可能性語る

・井上尚弥vsドネア戦、たけし「打って打たれてを」香川照之「左フックを両者は相打つ」

・【WBSS1回戦】まさに一撃、井上尚弥が右ストレートで秒殺KO勝利「手応えが拳に伝わってきた」

・【WBSS 2回戦】井上尚弥が2Rに一転KO勝利、決勝で対戦のドネア「これが運命」

・怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧