TOP > ニュース 一覧

最強と中国拳法らしさを目指す散打大会、ジャーマン決める強者出現も宗師苦言

2019/11/12(火)UP

軽量級で優勝した志傳會の岡野誠治は中国拳法らしく両手を広げながら飛び蹴りを決める

 2019年11月4日(日)東京・中央区立総合スポーツセンター第1武道場にて中國武術・義龍會が主催する年に1度の中国武術の実戦大会『全日本日式散打選手権大会 拳王杯 第20回記念大会』が行われた。

 5月にも同会の主催大会があるが、11月は特に明確な修行拳種を有する中国武術修行者のみと参加資格を厳しくすることにより、さらに中国武術らしい闘いが要求される。

 ルールは、散打面と、散打グラブをつけ、ポイントはなく、いかに相手に有効な攻撃でダメージ与えることができるかに判定基準がある。ダウンしても立ち上がって審判が「まだできるか」と確認し、できると言えば試合は続行される。

佐藤空のバックドロップやジャーマンスープレックスは危険技として注意を受けた

 今大会では、初出場の八卦掌の一会派が台風の目となった。その中の一人、佐藤空(八卦掌64LAB)は試合中、突き、蹴りを出さず、全て組み技、タックルからの投げ技などで勝ち進んだ。彼はレスリングをバックボーンに八卦掌の投げ技を学んだ選手。ジャーマンスープレックスやバックドロップなどの派手な技を決め、会場を沸かせたが、ルール説明にあった危険な投げ技の禁止に当たるとして注意を受けた。以降も投げ技で優勢に試合を進め、判定で勝ち上がった。 

佐藤(右)がタックルに行く

 決勝戦で佐藤と相対した下田隆之(義龍會)は投げ技を仕掛けられながらも健闘。本戦を引き分けると、延長戦に入る前に実行委員長の廣瀬義龍宗師から佐藤に打撃技も出すように求められる。佐藤は、打撃技を含めた得意の投げ、組みでアグレッシブに攻め初優勝をもぎ取った。

 佐藤は試合後「投げ技に拘った理由は、程派八卦掌に打撃の技がほとんどないからです。一応、蹴りが一種と掌根を打ち付ける技が一種あるにはあるのですが、掌根を打ち付ける技は練度が足りず使えませんでした。僕の師匠は打撃も出来るのですが、僕はまだ鍛錬不足のため投げ技しか使えないんですよね。またこういった大会に出ることがあれば、その時までに打撃も使えるよう程派八卦掌以外の技術も学んでおきたいと思っています。決勝では頑張って蹴ったり殴ったりしたのですが、もう全然人を殴ったり蹴ったりする練習をしたことがなかったので、ぐちゃぐちゃになってしまいました」とコメントした。

上からのパンチを顔面に叩き込む選手

 廣瀬宗師は優勝した佐藤について「空手も中国拳法も型があってこそ。それがなければただの格闘技です。今回はバックドロップやレスリングのタックルなどもありましたが、この大会は中国拳法の修行者に限った中国拳法のNo.1を決める大会。投げは反則とは言わないがレスリングの技ではなく中国拳法の投げ技、そして打撃で中国拳法らしく勝負してほしかった。5月の交流大会はどんな競技選手でも参加は可能ですが今回は中国拳法に限った大会なのであえて苦言を呈しました」と決勝で打撃を出すように求めた理由と合わせて語った。

10回目の優勝をした中村麻耶(左)は打たせずに打つがテーマ。顔面をカバーしてのミドルを放つ

 また、廣瀬宗師はレスリングのタックルに対処できなかった選手や自身の弟子には「練習が足りない。あの技を外す方法は教えているが、どうせ、あんな技は来ないだろうと練習をしていない。甘い」と厳しく語った。

 男子中量級決勝では西山和宏(義龍會)が優勝。彼は優勝回数15回以上。投げ技も得意としており、投げの得意な八卦掌の選手に対応し制した。

10回目の優勝を果たした中村麻耶

 女子クラス決勝は、中村麻耶(義龍會)が10回目の優勝。中国拳法らしく、間合いをとり、カウンターを含めしっかりヒットさせるスタイル。蹴り技が得意な中村選手に対して、プレッシャーをかける直井選手だが、それをうまくかわし、的確に蹴りを当てた中村が優勝した。中村は「今回は自分の間合いを守り、連覇が目的ではなく、当てさせないで当てることを課題にした」と試合を振り返り今後も課題を乗り越えて行くと語った。

【試合結果】
軽量級 優勝 岡野誠治(志傳會) 準優勝 渡辺佳浩(志傳會)
中量級 優勝 西山和宏(義龍會) 準優勝 秋田隆太(八卦掌64LAB)
重量級 優勝 佐藤空(八卦掌64LAB) 準優勝 下田隆之(義龍會)
女子 優勝 中村摩耶(義龍會) 準優勝 直井美知枝(龍泰拳功夫國術館)
森良之祐賞 大越康博(八卦掌64LAB)
テクニカル散打 技王賞 丸山裕子(義龍會) 竹村秀敏(極峰拳社)

 

※後日、下記選手の入賞・受賞の取り消し、及び出場記録の抹消が行われた。

団体名「八卦掌64LAB」
中量級準優勝 秋田隆太、同級3位 大越康博(当該団体代表者)
重量級優勝 佐藤空
森良之祐賞 大越康博

●編集部オススメ

・【巌流島】中国拳法・瀬戸が「アチョー」の意外な効果を実感

・【MAS FIGHT】少林寺の武僧が圧倒的体格差をものともせずチェ・ホンマンをKO

・田村潔司、ブルース・リー拳法とは三次元の戦いになる

・【K-1】武尊攻略に自信の村越優汰、勝てる確率は何と8割以上

・【ボクシング】井上尚弥、ドネアのパンチで眼窩底と鼻を骨折しながらの勝利だった

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧