TOP > ニュース 一覧

【巌流島】中国で格闘技オリンピック開催を目指す=谷川プロデューサー

2019/11/14(木)UP

“中華版ヤフーニュース”のイベントに登壇した『巌流島』谷川プロデューサー

 毎日平均8億人が閲覧し、“中華版ヤフーニュース”の異名を持つ網易(ネットイース)ニュースの日本支社、『網易ニュース日本』は、11月13日(水)、東京・港区で年間表彰式『態度大賞』を軸としたイベントを開き、この中で、異種格闘技イベント『巌流島』のプロデューサーである谷川貞治氏も登壇した。

『網易ニュース日本』は日本を訪れている年間1,000万の中国人観光客のための情報サイトで、このイベントでも、日本国内の日中企業に新たなビジネスチャンスを提供し、交流のプラットフォームになることが目指すとされた。

中国で格闘技オリンピック開催を目指すとスクリーンに大きく写し出される

『網易ニュース日本』は『網易ニュース』の正式総代理店であるNTP株式会社が運営。中国ではネット映像から情報を獲得している人が多くを占めることから、NTPは動画配信に更に力をいれるべく、数社との提携を発表。その中に『巌流島』が提携先として発表された。

 谷川氏は「スポーツ、格闘技は映像として引き込むパワーが強い」として、日本で培われてきた格闘技ビジネスのノウハウを、中国の映像業界でも生かし新たな格闘技のブームを中国で作りたいとした。

壇上で挨拶する谷川氏

 以前から谷川氏は「昨年末の『那須川天心対フロイド・メイウェザー』に強い関心を示した中国のビジネスマンたちがいる」と話していたが、このプロモーションもその一人から出た提案だという。
 巌流島の紹介映像では『中国での新しい格闘技イベントの開催と格闘技オリンピックを中国で開催するのが最終目標』と映し出されたことについて、谷川氏は「巌流島とは別で、本当に私がやりたいのは武術のふるさとである中国で、中国にあったオリジナルなもの。巌流島をベースにするかもしれませんが、中国から世界に広がるような、そういう格闘技をやってみたいと思っています。K-1時代から中国の格闘技団体と交流がありいろいろアイディアを練っているところ。1年後ぐらいに発表できれば」と目標を語った。映像の発信力をプラスし、中国での大会成功を目指す。

巌流島の紹介では中国武術の演武も行われた

 終了後、すっかり名刺交換に追われ続けていた谷川氏は「中国に巌流島を(そのまま)持っていっても受け入れられるとは思っていない。中国独自の世界観で中国人スターが育つことを、我々が陰で支えることが現実的だと思う」と話した。
 また、巌流島とは別に谷川氏が関わっているTMTでメイウェザーが今年の末にも何らかの形で日本で戦う可能性があるかどうかについては「やりたいアイデアもあるが進展がない。今も待ってはいるんだけど…」と話した。

●編集部オススメ

・鈴川真一がシビサイ頌真との無敗対決に勝利、チェ・ホンマンは見せ場なくロッキー川村に判定負け=2019年5月

・ブアカーオが初出場でKO勝ち、239勝目をカンボジアで挙げる=2019年10月

・最強と中国拳法らしさを目指す散打大会、ジャーマン決める強者出現も宗師苦言

・【ボクシング】ドネア、試合中はドラゴンボール!? 試合後は忍者で「ありがとう日本」

・【映画】太極拳世界女王・山本千尋の初主演アクション時代劇が10月5日より配信開始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧