TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊、村越戦は不完全燃焼も「来年は最高の試合を」と3月K’FESTAで復活予告

2019/11/25(月)UP

村越優汰の戦術に苦しみながらも復帰戦に勝利した武尊が一夜明け会見に出席

 11月24日(日)横浜アリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~』で、前K-1 WORLD GPフェザー級王者の村越優汰(湘南格闘クラブ)を判定2-0で下した武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)が、25日一夜明け会見に出席した。

 試合前から公言していた通りの村越の徹底した対策に手を焼いた武尊。持ち味を封じられた第1、2ラウンドを耐えしのぎ、ため込んだパワーを爆発させたかの如く第3ラウンドに勝負を決めた展開を振り返り、「村越選手の動きにも戸惑いましたが、自分の体が思うように動かなかった」と想像以上のブランクの影響があったことを告白。「圧倒的に勝たないといけないと力を入れ過ぎた部分もあったので、その点は反省点」と冷静な戦いを展開させることを自らに課した。

出鼻をくじく村越の戦術に8か月ぶりの試合となる武尊は大苦戦

 戦前から村越がKOを狙わないと発言していたことに対し、「そんな覚悟では僕には勝てない」と切り捨てていた武尊。いざ試合を終えると「僕はKOが格闘技の勝敗の中で一番だと思っているけど、格闘家の中で戦い方はそれぞれ、美学もそれぞれあってそれを否定するつもりはない」と村越の価値観を尊重しながらも「僕はその戦い方で勝敗を決めたくなかった。延長いってKOしたかったなというのはある」と自らが持つKOの美学へのこだわりを改めて口にした。

最終ラウンドに爆発力を見せた武尊が判定勝利も「体が思うように動かなかった」とブランクの影響を告白

 本大会のメインイベントは村越が返上したフェザー級王座決定トーナメントの決勝戦。江川優生(POWER OF DREAM)が3連続1RKOの偉業を成し遂げた姿を見て「優勝候補と思っていたので倒せる選手は有利。想像していた以上の勝ち方で頼もしい」と若き王者を祝福。インターネットTV局「AbemaTV」の生放送中に解説の魔裟斗が言及した王者クラスを集めてのキャッチウェイトトーナメントについても「全然面白いですね」と、台頭してくる若き王者たちとの対戦にも興味を示した。

 また、試合後のマイクで武尊が語った「格闘技オリンピック」に話が及ぶと「自分が中学生くらいの時に格闘技が年末紅白を超えたりとかあったので、そこに戻したいし超えたいと思っている。来年東京オリンピックがあって、うれしい気持ちもあるけど負けたくない」と、かつての格闘技ブームを超えていきたいと宣言。「色んな人とたくさんお話もして、ちゃんとした形にはなっていないけど、世界で配信されるような大会にしたい」とすでに武尊本人も動き出していることを明らかにした。

将来的には格闘技でオリンピックのような大きな世界大会を開きたいという武尊、城戸が提唱したドーピング検査にも賛成の構え

 その話と関連するのが、城戸康裕(谷山ジム)が試合後のマイクで語ったドーピングチェック。武尊も、格闘技を世界的なスポーツにしていくには規則などの統一が必須だと語る中で「最初にやらないといけないのはドーピングチェック」との認識を見せた。

 今回は8か月ぶりの復帰戦を「最低限の勝ちという結果はとれた」と乗り越えた武尊。その視線の先には格闘技のワールドワイド化という目標も見据え、その実現のためにも自身がその旗手として君臨し続けなければいけないことを武尊は理解する。次の舞台は来年3月のK-1最大のイベント「K’FESTA」となる見込み。「今回は完全復活とは言いたくないので、来年は最高の試合を見せて次はKOではっきりとした形で勝つ」とエースとしての完全復活を約束し会見を終えた。

●編集部オススメ

・武尊が村越優汰の徹底した対策に苦しみながらも判定勝利(動画あり)

・武尊、村越優汰に競り勝ち「心も体も噛み合わず」

・武尊と競り合った村越優汰「1R終わって全然いけると思った」と語るも負けを認める

・武尊、村越優汰と共に計量パス「ケガをする前よりも強い武尊で帰ってきた」

・武尊、村越優汰の“KO狙わない”発言を一刀両断「そんな覚悟では僕に勝てない」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧