TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈、8月に大苦戦した祥子と再戦決定「ベルトの前に再戦をお願いした」

2019/12/11(水)UP

ぱんちゃん(左)と祥子(右)が来年2月に再戦決定(写真は今年8月の計量時)

 2020年2月11日(火・祝)東京・大田区総合体育館にて開催される『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1』の追加対戦カードが決定した。

 46.0kg契約で、ぱんちゃん璃奈(25=STRUGGLE)と祥子(36=JSKキックボクシングジム)が再戦する。
 前戦は8月のKNOCK OUT大田区総合体育館大会。ぱんちゃんはデビュー4戦目で対戦し、ほぼ互角の内容ながら2-0で判定勝利。しかしその勝利は納得のいくものではなかった。

ぱんちゃん(右)がリーチのある右ストレートで祥子を攻める(19年8月)

 祥子はNJKFミネルヴァ ピン級1位のプロ選手としての活動の傍ら、さらに2児の母でもあり「ムエタイママ」の異名を持つ。女子キックボクシングイベント『J-GIRLS』のタイトル挑戦の経験もある強豪でもある。

 ぱんちゃんは今回のカード決定についてツイッターで「次戦2/11対戦相手 祥子選手と決まりました。ベルトの前にどうしてももう一度闘わせていただきたいとお願いして受けてくださいました」と、まずは来年狙うKNOCK OUT黒のベルト(首相撲あり・ヒジ無し)の前に完全決着をつけたいとした。更に「前回とは、すべて変わってます。4月、他団体のチャンピオンとタイトルマッチをさせてもらう為にも、圧倒的に差をつけて倒します」とツイートしていることからも、完勝し4月にタイトルマッチの舞台を狙っているようだ。

 12月8日(日)後楽園ホールで行われた新日本キックボクシング協会主催『SOUL IN THE RING CLIMAX』では、初のTKO勝利を収めたデビュー以来6戦6勝中のぱんちゃん。今回は祥子を圧倒し、しっかりタイトルにつなぐことができるか注目される。

●編集部オススメ

・ぱんちゃん璃奈が鼻血も、祥子との接戦を2−0で乗り切る=2019年8月

・デビュー1周年迎えるぱんちゃん璃奈、狙うは新設の黒いベルト

・[計量]ぱんちゃん璃奈が「やったんで!」と初のKO勝ちに意欲

・[計量]ぱんちゃん璃奈対策バッチリの祥子「楽しく本番」

・【新日本キック】ぱんちゃん璃奈がタイの美女戦士を圧倒しプロ初KO勝利(ページ下段)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧