TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】緑川創が大苦戦もWKBA王座防衛、ぱんちゃんがタイの美女戦士を圧倒し初KO勝利

2019/12/08(日)UP

勝次と丹羽の王者対決はまれに見る大激闘に

▼第10試合 メインイベント団体対決63kg契約※ヒジ打ちなし 3分3R
○勝次(藤本ジム/WKBA世界スーパーライト級王者) 
判定2-0 ※30-29、29-28、29-29
●丹羽圭介(TEAMニワールド/REBELS63kg級初代王者)

 WKBA世界スーパーライト級王者・勝次対REBELS63kg級王者・丹羽圭介の王者対決。団体の誇りと王者のプライドをかけると宣言していた両者の激突はまれに見る大激戦となった。

勝次はジャブからローの藤本会長直伝コンビネーションがよく決まる

 開幕いきなりの勝次の右フックで丹羽がバランスを崩す。丹羽と勝次は同時に手を出し相打ちになるが、続けて勝次が一つ手数を多く出す印象。ラウンド終盤には今度は丹羽がガードの上から強い右を打ち込み、勝次にプレッシャーを与える。

 2R、勝次の右ハイキックに丹羽が右ストレートを合わせクリーンヒット。後退する勝次に丹羽がパンチをまとめ何発かヒットするが、勝次も手を出し右ストレート、右ローを当て返す。丹羽の右ローに勝次も右フックを合わせ、相打ちのシーンが増える。

丹羽独特のリズムとフォームから放たれる攻撃に勝次の防御勘も機能せず激闘を強いられた

 3R、丹羽がさらにプレッシャーを強め、下がる勝次へ右ストレート。しかし、かぶせる勝次の右フックがよく当たり丹羽の前進を止める。この右で丹羽の左目下が大きく腫れあがり、ドクターチェックが入るが試合続行。丹羽も右ストレートから右ロー、勝次も左ジャブから右ロー、そして右フックの相打ちと激しい打撃戦を展開。最後まで両者手を休めずに打ち合い続けたまま終了のゴング。王者同士の意地の一戦は僅差判定を勝次がもぎ取り、恩師である藤本会長に勝利を捧げた。


ぱんちゃんが美女タイ戦士をパワーで圧倒、今年2月以来のKO勝利を飾った

▼第5試合 女子国際戦46kg契約 3分3R
○ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE/KNOCK OUT女子48kg級)
TKO 1R2分20秒 ※ドクターストップ
●ペットチョンプー・モー.クルンテープトンブリー(タイ/泰国女子48kg級)

ぱんちゃんの威力ある蹴りにペットチョンプーは苦悶の表情を浮かべる

 ぱんちゃんは今年2月にデビューし、ここまで5戦5勝。長いリーチから生み出されるパンチと蹴りを武器に10月には団体王者クラスも撃破しているが、ここまでKO勝利はない。今回2度目の国際戦となる相手はボクシングで世界戦経験もあるというムエタイ戦士・ペットチョンプー。前日の計量時には「しっかり倒して決めて、来年ベルトにつなげたい」と語っていたぱんちゃんは宣言どおりのKOなるか。

 開幕直後にぱんちゃんが右ロー、右ハイを打ち込むとペットチョンプーはこの2発で早くも苦悶の表情。パンチを返していくもパワーに勝るぱんちゃんが右ストレート、右ミドルで攻めるとペットチョンプーはたまらず後退を始める。コーナーに下がるところを逃がさないぱんちゃんがストレートを打ち込むと、たまらずペットチョンプーが尻もちをつくようにダウンする。

KO勝利が決まった瞬間、ぱんちゃんは喜びを爆発させた

 立ち上がったもののハイキックでアゴをカットしていたペットチョンプーはドクターチェック。珍しい切り方ではあったが、ここでドクターからストップがかかりぱんちゃんのKOが確定。勝利が決まった瞬間、ぱんちゃんは思わず歓喜の声。今年最後の一戦をプロ初の劇的なKO勝利で飾った。

●編集部オススメ

・緑川がタイトル戦に意気込み、勝次と丹羽が王者対決へ火花「道場破りのつもりで」(丹羽)=前日計量

・ぱんちゃん璃奈が計量パス、来年のベルト奪取に向け「しっかり倒して決める」

・12.8 最強ツインズ江幡兄弟がエキシで対戦=弟・塁は大晦日に天心と対戦

・レベルス、MAとの対抗戦が決定、丹羽圭介が”無双ビート”で勝次攻略宣言

・ぱんちゃん璃奈、日タイ美女対決に「攻撃でもルックスでも勝ってるから大丈夫!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧