TOP > ニュース 一覧

【BOUT】地元札幌のRISEランカー・拓也が韓国ファイターと対戦、那須川天心と激闘エキシの安斎宙も参戦

2020/01/08(水)UP

北海道の格闘技イベント「BOUT]に地元選手が出場、左から拓也、安斎宙、大倉萌

 1月19日(日)札幌コンカニーリョにて開催される『ノースエリア格闘技イベントBOUT39』の対戦カードが発表された。

 メインイベントでは地元札幌在住のRISEランカー・拓也(蹴空ジム)が登場。関西を拠点とするDEEP☆KICKのランカーであるイ・スンヒョン(韓国/エキスパートジム)と対戦する。

拓也(右)は昨年11月に過去に敗れた津田へのリベンジを果たし勢いに乗る

 拓也は2016年RISING ROOKIES CUPバンタム級優勝の実績を持つ、RISEの次世代ファイター。昨年11月に開催された「RISE NORTH」に出場し、2017年1月に敗北を喫した津田鉄平を下し勢いをつけている。対するスンヒョンは自国ではプロボクシングのリングにも上がるマルチファイター。破壊力のある左ストレートとヒザを武器にするスンヒョン相手に、拓也は地元で勝利を飾ることができるか。

 セミファイナルには安斎宙(Kickboxing Academy Sapporo)と匠朗(KSS健生館)の一戦が決定。この一戦はRISEバンタム級の公式戦として行われる。

安斎(左)は那須川天心とのエキシビジョンで2度倒されるも挫けぬ闘争心を披露、将来への可能性を感じさせる

 安斎は昨年11月の「RISE NORTH」において那須川天心とエキシビジョンマッチにて対戦。2度ダウンを奪われたものの、若さ溢れるアグレッシブなファイトで会場を大いに盛り上げた。対する匠朗は全日本新空手連盟の久保坂左近代表率いるKSS健生館にて腕を磨く実力派。2018全日本新空手K-2グランプリ軽量級第三位、第265回新空手道京都大会軽量級優勝など多くのアマチュア実績を残している。
 那須川と拳を交えた安斎が躍進のきっかけをつかむか、匠朗が新空手の実力を見せつけるか注目の一戦。

那須川のパンチに応戦する安斎

 その他、帯広出身の大倉萌(三鷹ムエタイクラブ)vs渡邊奈央(キングムエ)の女子マッチ、ヒジ・首相撲有効ルールで谷村愛翔(Kickboxing Academy Sapporo/P’s Lab札幌)vs平田修(チームシャムエボルヴ)、梅田将成(KFG URAWA)vs金岡岳斗(BLITZジム)が決定。全5試合がラインナップされた。

<決定対戦カード>
▼RISE公式戦バンタム級3分3REX1R
拓也(蹴空ジム/RISEバンタム級4位)
vs
イ・スンヒョン(韓国/エキスパートジム/DEEP☆KICK-55Kg級4位)

▼RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
安斎 宙(Kickboxing Academy Sapporo)
vs
匠朗(KSS健生館/2018全日本新空手K-2グランプリ軽量級第三位)

▼RISE公式戦49kg契約3分3ラウンド
大倉 萌(三鷹ムエタイクラブ※帯広出身)
vs
渡邊奈央(キングムエ)

▼BOUTキックボクシングルール57kg契約3分3ラウンド(肘・首相撲有効)
谷村愛翔(Kickboxing Academy Sapporo/P’s Lab札幌)
vs
平田 修(チームシャムエボルヴ)

▼BOUTキックボクシングルール55kg契約3分3ラウンド
梅田将成(KFG URAWA※函館出身)
vs
金岡岳斗(BLITZジム)

●編集部オススメ

・那須川天心がエキシビジョンに登場、地元安斎宙を2度倒す(記事上段)=2019年11月

・【RIZIN】那須川天心が江幡塁を3度倒し圧勝、日本人頂上決戦を1RKOで制する

・【RISE】人気グラドル清瀬汐希ら4名が新メンバー、2020ラウンドガール

・“ムエタイ才女”伊藤紗弥が那須川梨々、寺山日葵戦を見据え待望の初参戦

・【ボクシング】リングガールも話題のトリプル世界戦、会場では声援も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧