TOP > ニュース 一覧

【RISE】良星、鈴木真彦へのリベンジに向け正月は返上「ベルト巻く夢をめっちゃ見る」

2020/01/08(水)UP

スピードある蹴りを効かせる良星

 1月13日(月・祝)東京・後楽園ホールでキックボクシングイベント『RISE 136』が開催される。メインイベントでは17連勝中のバンタム級王者・鈴木真彦(山口道場)に、同級1位・良星(平井道場)が挑戦する。

 1年半前の18年7月に開幕した、バンタム級王座決定トーナメント一回戦で両者は対戦した。結果は鈴木の判定勝ちで、鈴木はそのままトーナメントを制覇し王座を戴冠。その後、良星は7連勝し鈴木に挑戦状を突きつけた。

 良星は「ベルトも本当に欲しいという思いも強いけど、それよりひとりの男として鈴木選手を倒したいという思いの方が強いです。一回負けている相手に負けたままで終わりたくない。キッチリとリベンジしたいです」と巡ってきたリベンジの機会に燃える。

大激闘となった鈴木(右)vs良星(左)の初戦は、強打を当てていった鈴木が勝利

 鈴木に負けてから「一層強くなった。そういう意味で僕は鈴木選手に感謝しています。鈴木選手がいたからこそ、僕はここまで強くなれました。本当にリスペクトしています。しかも僕に勝ってから鈴木選手はずっとチャンピオンでいてくれました」と尊敬の念を持ちながら撃破する。
 
 王者よりも自分が上回っている部分として「スピードが一番ですかね。相手に付き合わずパパッと動いて攻めていきたい」としつつ「一回闘ってわかったことは鈴木選手はバチバチに打ち合ってくれると思ったら、そうではなくすごく賢いことがわかりました。避けるべきものはしっかり避けている。もらったらいけない攻撃は絶対もらわない。なおかつ行けるタイミングではパパッと行きますよね」と相手のクレバーさを警戒する。

笑いながらハイキックでダウンを奪う良星

 4月から開幕する、那須川天心への挑戦権を獲得できるRISE-55kgアジアトーナメントは4人枠。鈴木の他には志朗、そして元ルンピニー二冠、元ラジャダムナン二冠のパジャンチャイ・PKセンチャイムエタイジムの参戦が決定しており、残り一枠となっている。「今回しっかり勝って僕も出場権をとりたい」と意気込む良星。
 
 昨年10月に続けていたアルバイトも辞め、正月は練習で返上した。練習漬けの日々を送る良星は「RISEのベルトを巻いている夢を、めっちゃ見るんですよ。試合をしている風景が夢に出てきます。試合の途中で気持ちが高ぶって起きてしまうこともあります。今までそういう夢を見ることはなかったけど、最近は本当に見ますね」と眠っている間も戦っていると言う。良星は鈴木に借りを返し、王座を奪い取ることが出来るか。

☆1.13 RISE 試合順・対戦カード、イベント日程はこちら

●編集部オススメ

・鈴木が良星との大激闘制して準決勝へ進出※ページ下部

・那須川天心に”4度目の正直”狙う良星、宮元啓介を「きっちり倒したい」

・那須川天心への挑戦権かけたアジアトーナメント開催、志朗、鈴木真彦ら参戦決定

・那須川天心が横浜流星と7年ぶり再会、流星のミットを持ち驚き

・【RISE】人気グラドル清瀬汐希ら4名が新メンバー、2020ラウンドガール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧