TOP > ニュース 一覧

【ホーストカップ】前王者・一刀が再起戦、王座挑戦権を懸けRISEランカー・泰良拓也と対戦

2020/01/09(木)UP

前フェザー級王者・一刀(左)が王座再挑戦を見据え再起戦に臨む

 3月1日(日)京都KBSホールにて開催される『HOOST CUP KINGS KYOTO 6』の対戦カードが発表された。

 フェザー級3分3R(延長1R)に前HOOST CUPフェザー級王者・一刀(35=モンスタージャパン)の出場が決定。RISEランカーの泰良拓也(たいら・たくや/パウンドフォーパウンド)と対戦する。

 一刀は長らく関西キック界をけん引してきたベテラン。高いディフェンス能力と真っ向勝負も辞さない気の強さを武器とする。過去4度のルンピニースタジアム認定タイトルへ挑戦し、王座獲得には至っていないが、日本では、2012年10月には初代RISEフェザー級王座を獲得。2018年5月に上杉文博を下しHOOST CUP日本フェザー級王座を奪取し二冠を達成した。しかし昨年10月にその上杉にリベンジを許し王座陥落。今回が再起戦となる。

武蔵の弟子であるRISEランカー・泰良(右)の豪快な飛びヒザ蹴りがクリーンヒット

 対する泰良は2000年代にK-1のリングで活躍した武蔵の愛弟子。RISEフェザー級の8位にランクされており、昨年12月にはインターネットテレビ局「AbemaTV」の人気番組「格闘代理戦争 4thシーズン」に出場していたアミン・エル・アッサリ(PeterAertsGym)を1RTKOで破っている。

 この一戦は現HOOST CUPフェザー級王者・上杉文博への次期挑戦者決定戦とされており、タイトル復帰を目指す一刀、初戴冠を目指す泰良の両者にとって落とせない重要な一戦となる。

●編集部オススメ

・[前回の試合]一刀が上杉文博にリベンジ許し王座陥落=2019年10月

・【RISE】17連勝の鈴木真彦、那須川天心へのリベンジ見据える「彼に勝てるのは僕しかいない」

・【RISE】白鳥大珠が返上のベルトに秀樹「数ミリの差で決着」原口健飛「関西に持ち帰る」

・大石駿介が大差の判定で王座防衛、元空手王者・内田雄大は初代新王者に(動画あり)

・【RISE】人気グラドル清瀬汐希ら4名が新メンバー、2020ラウンドガール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧