TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】祥子、ぱんちゃん璃奈との再戦に自信「KO決着で終わりにしたい」

2020/01/21(火)UP

人気選手・ぱんちゃんへのリベンジに臨む

 2020年2月11日(火・祝)東京・大田区総合体育館にて開催される『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1』。NJKFミネルヴァ ピン級1位の祥子JSK(36=治政館)は46.0kg契約 BLACKルール(※ヒジ無し)の一戦(3分3R)で、ぱんちゃん璃奈(25=STRUGGLE)と対戦する。

 祥子は選手としての活動の他にも、キックボクシングジムや女性専用フィットネススタジオなどの代表を勤める経営者の顔を持つ。また2児の母でもある多忙なキックボクサーだ。

ぱんちゃんとの完全決着なるか(写真は前回の計量時でのフェイスオフ)

 祥子はぱんちゃんとは昨年8月に対戦し、ショートレンジのパンチでぱんちゃんを苦しめた。結果は2−0の判定負けだったが、一進一退の好勝負を繰り広げた。
 現在連勝を続けるぱんちゃんは「ベルトの前にどうしてももう一度闘わせていただきたいとお願いした」とKNOCK OUTのベルトを狙う前に、接戦だった祥子と完全決着をつけたいとしている。

 祥子も「またぱんちゃん選手とは対戦したいと思っていたので、思ったよりも早く再戦が決まった時は凄く嬉しかったです」と再戦は望む所だ。
 さらに「ここ最近はもどかしい試合が続いていて、そこから上に行くための自分との戦いだと思っているので凄く気合が入ってます」と語る。祥子は2019年は6戦しているが1勝4敗1分という結果だ。

ジムの”JSK”はリングネームにつけ、今回からは名門・治政館所属の選手として戦う

 一方ぱんちゃんは祥子との試合以降、10月には祥子がJ-NETWORKでタイトルを賭け争うも判定負けしたMIREYに完勝、12月にはタイ人ファイターに1RTKO勝利と快進撃を続けている。
 そんな最近のぱんちゃんの印象を祥子は「アグレッシブでどんどん前に出るスタイルは変わらず、昨年12月にはタイ人選手にKO勝ちしていたのでメンタル的にも自信が付いたんじゃないかなと。あとはフィジカルも強化されていると聞いているのでパワーも付いたとは思います」と評価する。
 もっとも「基本的なファイトスタイルは変わらないでしょうし、前回自分ができなかったことを今回は違う形でやろうという気持ちはあります」と自分の進化も見せつけると語る。

アグレッシブなファイトスタイルで、蹴りを得意とする祥子

 自身が前回の試合よりも伸びた点は「試合の組み立て方」だと言う。「今までは技術的なことでは相手の攻撃を良く見てカウンターを合わせるところまでで終わっていたので、ジャッジから見ても私が勝ったと思われるように全体の流れをちゃんと組み立てていき、アグレッシブにいきたいと思いますね」と誰が見ても勝っていると思われるような戦い方で臨む。

 ぱんちゃんは長いリーチからの上段前蹴りを得意とするが、祥子もまた前蹴りは得意技だ。「彼女とファイトスタイルは似ていませんが、得意な技が少しかぶっていて、私は相手の得意な技を出させて同じ技でやり返したいという気持ちがあります。顔面前蹴りが得意な分、当たらない距離感がわかっているので私には当たらないと思います」と相手のお株を奪う。

ぱんちゃんの長い脚から繰り出される前蹴りをさばく祥子

 同じ相手へのリベンジは経験済みだ。ラジャダムナン王者・奥脇竜哉の姉である奥脇奈々にはアマチュア時代に一度対戦し負けるも、18年8月のプロ試合では勝利している。「二回連続で負けたくはない気持ちは強いので次は絶対に勝ちます」と勝ち気な祥子。ぱんちゃんとの試合は三度目は無く、「KO決着で終わりにしたい」と完全決着を望む。

 昨年はJ-NET・ミネルヴァと2つの王座戦を経験するも、手が届かなかった祥子。2020年をリベンジ勝利で好発進することが出来るか。

☆2.11 KNOCK OUT対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・ぱんちゃん璃奈に鼻血を出させ、大苦戦させた昨年8月の試合

・ぱんちゃん璃奈が祥子戦の計量クリア「やったんで!」と初のKO勝ちに意欲

・ぱんちゃん璃奈、前回大苦戦の祥子に対し「3R必要ない、しっかり倒す」

・JKファイターAyakaが祥子との打撃戦を制して新王者に、那須川天心の弟も激闘し盛り上げる

・ぱんちゃんがタイの美女戦士を圧倒し初KO勝利 ※ページ下部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧