TOP > ニュース 一覧

【新日本キック】勝次、正体不明のロンペットにも「メインとしてKO」宣言

2020/02/01(土)UP

勝次はノースリーブのシャツを着て余裕の計量パス

 2月2日(日)東京・後楽園ホールにて開催される新日本キックボクシング協会興行『MAGNUM52』の前日計量が1日都内にて行われた。

 メインイベントに出場するWKBAスーパーライト級王者・勝次(藤本ジム)はリミットの契約体重62.5kgに対し62.35kgでパス。対戦相手のロンペット・Y’ZD GYM(タイ/Y’ZD GYM)も62.2kgでパスし、両者無事に明日の決戦へコマを進めた。

謎のムエタイ戦士ロンペットも笑顔でパス

 計量後に会見に応じた勝次はロンペットの印象を聞かれると「見たことがない」と発言。SNSで検索し、半年前に当時WMC日本王者の伊東伴恭をKOしたことしか分からず「オーソドックスかサウスポーかもわかってない」と告白した。しかし「リングに立ってからぶっつけ本番になりますが、いつも通り自分の力を出せば難なく対応できるかと思います」と自信。「メインイベントの大役を任されましたので、メインイベンターとしてしっかり仕事をして、KOで興行を締めくくりたいと思います」と、今年初戦をKO勝利する宣言を見せた。

「メインイベンターとしてKOで興行を締めくくる」と今年最初のKO宣言を見せた勝次(右)

 しかし前線の昨年12月、REBELSとの対抗戦として臨み大激闘を繰り広げた丹羽圭介戦では事前の準備も入念に行えていた。今回は対策を全く取れない中試合を迎え精神面に影響がないか心配されたが、勝次は「昔はテンションだけで戦っていた部分もありますが、今は落ち着いて技術を発揮できる体になっています。前回から怪我も全くなかったので、落ち着てい力まないことを意識し、リングでいいところを見せます」と、冷静に戦いに臨める状態であるとアピールした。

 

☆2.2 新日本キック 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・メインは勝次のムエタイ強豪戦、重森陽太が元ラジャ王者と対決=2.2後楽園

・[前回の試合]勝次と丹羽圭介が大激闘、壮絶な打ち合いを勝次が制する

・【REBELS×新日本キック】HIROYUKI参戦、壱を破った岩浪悠弥と王者対決

・朝倉海が「黙らせる」シバターが挑戦状を叩きつけたプロレスエキシ、早期KOなるか=2.2愛媛

・筋肉増加のぱんちゃん、グラビア挑戦は「もしかしたら最後」と衝撃発言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧