TOP > ニュース 一覧

【パンクラス】北方大地が負傷欠場で初防衛戦は中止に、前王者・砂辺光久が代役で暫定王座戦へ

2020/02/14(金)UP

昨年7月、砂辺からTKOを奪い喜びを爆発させる北方

 2020年3月8日(日)東京・スタジオコーストにて開催される『PANCRASE 313』のメインイベント「ストロー級 キング オブ パンクラス タイトルマッチ 5分5R」への出場が発表されていた、ストロー級キング・オブ・パンクラシスト北方大地(28=パンクラス大阪 稲垣組)の負傷欠場と試合中止が決定した。

 北方は昨年7月、10年に渡りベルトを巻き続けた砂辺光久から5RKO勝利を収め、第2代ストロー級キング・オブ・パンクラシストの座を手にした。しかし10月に開催された『ONE: CENTURY PART II』の修斗vsパンクラス対抗戦で、修斗王者の猿田洋祐に衝撃のKO負け。

 今回は仕切り直しの一戦で、アダム・アントリン(37=アメリカ/AMERICAN KICKBOXING ACADEMY /Antdawgs MMA)を挑戦者に迎えて初防衛戦を行う予定であったが、練習中に拳を骨折。今大会を欠場することになり、試合も中止となった。

パンクラス初の殿堂入りを果たした砂辺

 これを受け、砂辺光久(40=reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE)が4月大会に出場決定。
 2020年4月12日(日)東京・スタジオコーストで開催される『PANCRASE 314』にて「ストロー級 暫定キング オブ パンクラス タイトルマッチ 5分5R」で、暫定王座をかけてアントリンと対戦することになった。

 砂辺は2009年6月に初代フライ級、2012年11月に初代スーパーフライ級、2015年11月に初代ストロー級キング・オブ・パンクラシストのタイトルを獲得。10年に渡りパンクラス軽量級トップに君臨し続け、パンクラス初の殿堂入りも果たしている。昨年7月、北方に敗れてストロー級のベルトを失ったが、その功績が霞むことはない。

 対するアントリンはStrikeforceやBellatorへの出場経験も持ち、現在パンクラスで2連続KO勝利中と波に乗る試合巧者。

「パンクラス王」砂辺は、“暫定”ではあるが再びストロー級王座に返り咲くのか、アントリンが初のベルトをつかみ取るか、注目の一戦だ。

<決定対戦カード>

▼ストロー級 暫定キング オブ パンクラス タイトルマッチ 5分5R
アダム・アントリン(AMERICAN KICKBOXING ACADEMY/Antdawgs MMA/USA/同級1位)
vs
砂辺光久(reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE/初代ストロー級K.O.P./同級2位)

●編集部オススメ

・北方大地、TKOで砂辺の“10年王朝”倒しストロー級新王者に

・【RIZIN】2.22浜松 まさかり殺法の金太郎が初参戦、金原、井上らバンタム級に強豪襲来

・ケージを彩るラウンドガール、2020年メンバーが語る生観戦の魅力

・美女戦士DIANA、16歳JKファイター華蓮DATEがプロ初計量をパス

・激ツヨママ東陽子、ブラジル筋肉美女フォンテスに「さくっと勝つ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧