TOP > ニュース 一覧

【GRACHAN】鈴木隼人が、ONE王座戦欠場からの復帰「日本の格闘技界をかき回す」

2020/02/27(木)UP

ONEでは4勝全てを1R位本勝ちで下した鈴木

 3月1日(日)東京・大田区産業プラザPIOにて開催される『GRACHAN44×BRAVE FIGHT22』で、初代GRACHANフライ級王者・鈴木隼人(33=BRAVE)が1年4ヶ月ぶりに復帰する。

 鈴木は17年に、国内18戦無敗というレコードを引っさげ『ONE Championship』(ONE)に参戦。
 ONEでも4勝1敗と勝ち越し、19年1月にはジョシュア・パシオの持つONE世界ストロー級王座に挑戦が決定していた。鈴木は17年8月にパシオに1R一本勝ちしており、満を持しての王座戦だった。

 しかし事前の健康診断の結果『小脳嚢(のう)胞』と診断され、ONEの規定に沿わず欠場となる。その後も何度も自主的に検査結果を提出してきたが、ついにONEのメディカルチェックに通ることはなかった。

現ONEストロー級王者・パシオにチョークで一本勝ちした鈴木

 そんな失意の中、古巣のGRACHANで復帰戦が決定した。18年11月にONEで1R一本勝ちして以来の試合となる。相手は第2代GLADIATORフライ級王者・加マーク納(コブラ会)。

 ONEではもう戦えないと納得したのは「最近ですね。ONEが『あなたは出れませんよ』って完全に切ってくれたので」と、やっと踏ん切りがついたと言う。

 相手の加マークについては「印象が…ありません」と言う鈴木。試合展開については「僕が1R、バックチョークで一本勝ちすると思います」と断言する。

 見せたいのは「僕の代名詞のタックルからのバックチョーク、そこの一点」とし「タックル取れなかったやつはいない。相手が(来ると)わかってても極めてきた。それを見せ付けたい」とする。

 現在のGRACHANについては「敵がいない、僕が絶対王者的な感じかな」と淡々と語る。さらに「GRACHANのベルト持って他の団体にいっても、負けるヤツはいないと思ってます」と絶対的な自信を持つ。
 また現フライ級チャンピオン・松場貴志については「興味がないです」と一蹴する。

 今後は「日本で一番でかいRIZINに出て、軽量級をかき回したい。53kgあたりだったら、負ける気はしない。今のRIZINって寝技が目立たないんで、寝技の凄さを見せたい」と意気込む。

 復帰に向けて「僕のハートはまだ終わってない、どんどん進化もしてる。日本の格闘技界をもっともっとかき回したい。”僕はやれるんだぞ”っていうのを周りに見てもらって、やっぱり鈴木隼人強かったなっていうのを日本でも納得させたい」と語る鈴木。
 古巣のGRACHANで再スタートを切り、再び大きな舞台へ羽ばたくことが出来るか。

●編集部オススメ

・【ONE】鈴木隼人、パシオをスリーパーで下し19戦無敗に

・ミス・モンゴルが体重差30kg以上の女子キックボクサーにチョークで一本勝利、ノブと中迫が迫力エキシ

・鈴木隼人、脳の症状によるONE王座戦欠場から復帰

・【RIZIN】ストロー級頂上対決はDEEP王者・越智晴雄が豪快KO勝ち

・Iカップ・くびれ作りが特技のグラビアモデルら3名が新ラウンドガールに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧