TOP > ニュース 一覧

【MMA】ベラトールが親会社のCBSスタジオで無観客試合再開へ

2020/05/11(月)UP

ベラトールのコーカーCEOとヒョードル(左)とランペイジ(右)

 5月9日(日本時間10日)米フロリダ州でUFCが開催されたが、アメリカでは格闘技の開催の気運が徐々高まっている。
 米専門メディアのボクシングシーンは5月9日(UFC開催時間前)に米のボクシング『ショータイム』とUFCに次ぐMMA(総合格闘技)団体である『ベラトール』が無観客で近々試合が開催される可能性があると報じた。

 『ショータイム』と『ベラトール』の親会社である『バイアコムCBS』の社長兼 CEOであるボブ・ベーキッシュ氏は、5月7日に行われた同社決算説明会で「コンバット・スポーツの大規模な復活はすぐそこまで来ている」と述べた。

RIZINとベラトールの両王者となった堀口恭司

「我々はライブスポーツを復活させることも楽しみにしている。ラドフォード(カリフォルニア州スタジオシティ)には、ボクシングとBellatorのイベントを撮影するためのサウンドステージをCBSの敷地内に設置したが、そのサウンドステージを使って、今のところ観客はいないが、それらのイベントを交互に撮影する予定だ」と語った。サウンドステージとは防音設備を整えた映画などを撮影する大きな建造物を指すが、果たしてどれほどの建物か。具体的な開催時期は発表されていないが、3月から試合が中止になっている両団体、撮影スタジオでの無観客での再開に期待される。

●編集部オススメ

・朝倉未来が現ベラトール二階級王者パトリシオ・ピットブルの挑戦に「光栄、俺も勿論やりたい」

・【ベラトール】マクレガーが他団体で乱闘事件

・【ベラトール】ヒョードルの日本最終戦はジャクソンにKO勝利で有終の美

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧