TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】村田諒太が「高校6冠逃した悔しい思い」と、切り替え力を高校生ボクサーらに語る

2020/05/27(水)UP

村田諒太=18年4月 V1達成時

 ロンドン五輪の金メダリストで、プロボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(34=帝拳)が26日、『明日へのエールプロジェクト』第1回オンラインエール授業の講師を務めた。

 全国の高校ボクシング部主将ら40人が生徒として参加。新型コロナでインターハイ(高校総体)が中止となった彼らに、自身の高校時代の悔しい経験を語った。

 高校2年から頭角を現した村田は選抜・総体・国体と優勝。3年時には高校5冠を達成し、最後の国体で粟生隆寛に次ぐ史上2人目の高校6冠の達成がかかっていたが、京都チームが団体戦4位に留まり国体出場を逃し、国体出場を逃した経験を語った。
「高校6冠にできなかったのは悔しい思い出だが、国体の代わりに、全日本大会に出たら変則的だけど6冠になるのでは?」と高校生ながら全日本選手権に出場した。

40人の全国のボクシング部の主将らとオンライン講師として登壇した村田諒太

「テレビに出るチャンスだったが、1ラウンドでレフェリーストップ。自分に負けたような試合でテレビに映ってしまった」と振り返る。そして大学進学し、2004年、大学1年生で全日本大会で優勝している。

「国体に出られなかったが、ちゃんと気持ちを切り替えた。今のチャレンジ精神につながっている」と説明。そう切り替えられたことについて「自分で誇りに思っている」と語った。
「インターハイに出られないけど全日本で優勝するとか、もっと大きな国際大会で日本代表になるのを描いた方が良い。2024を五輪を目標にしても良いのでは。2024に3年生は照準を合わせておくと、今あせるよりは2024年に合わせた方が、すごく堅実な現実的な努力ができるのではないか」と切り替えて努力することをアドバイスした。

 ある生徒からは、「僕は高校でボクシングが終わる。このインターハイが最後で目標にしてきたことがなくなって残念。何を目標にしていったら良いか」という質問が飛んだ。

 すると村田は「これが良かった、悪かったということは、後から判断できること。あんな悔しい思いをしたから今があるんだ、そう思えるかは未来の自分にかかっている」と前向きに努力し続けることが次のプラスに繋がることを強調した。

村田自身も「北京五輪を逃して、やさぐれていた時期があり、それがあったからロンドン(五輪)があった。高校6冠を達成できなかったらハングリーさがあった。1つの事実ではなく、どう捉えるかという判断に委ねられている。自分の成長になるような捉え方をしていこう」と最後にメッセージを贈った。

●編集部オススメ

・村田諒太がブラントの”危うい”パンチ力に勝てた理由

・那須川天心、村田諒太ら「ネットの誹謗中傷はダメ」海外では規制進む

・村田諒太がベガスで王座陥落、ブラントに判定負け

・【テレビ】ボクシング名勝負・壮絶KO集を千原ジュニアが振り返る、井岡vs八重樫、パッキャオほか=5.31夕方

・井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧