TOP > ニュース 一覧

【UFC】”瞬殺KO”最強の女子・ヌネスが初防衛戦、タフな元Invicta女王のスペンサーに勝ち目はあるか

2020/06/03(水)UP

二階級同時王者のヌネス(左)にタフな元Invicta世界王者のスペンサーは勝てるか

 2020年6月6日(日本時間7日・日曜)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXでUFC250が無観客で行われる。

 この試合のメインはUFC史上初の女子2階級制覇王者アマンダ・ヌネス(32=ブラジル/アメリカン・トップチーム)のフェザー級タイトル初防衛戦。対するは初タイトルに挑む元Invicta FC世界フェザー級王者フェリシア・スペンサー(29=カナダ/ジャングルMMA)。

 史上最強の女子ファイターとも言われるヌネスはバンタム級とフェザー級のタイトル同時保持者で昨年12月にバンタム級で5度目の防衛に成功。今回は18年12月に獲得したフェザー級タイトルの初防衛戦だ。

ヌネスが女王ミーシャ・テイトにチョークで一本勝ち。テイトの顔がヌネスの打撃で鮮血に染まっている=PHOTO/UFC JAPAN PR

 初のフェザー級タイトル防衛を成功させることで、ヌネスの最強の地位をより確かなものにしようとしている。ヌネスはこれまでロンダ・ラウジー、クリスチャン・サイボーグ、ホリー・ホルム、ミーシャ・テイトといった王者、元王者相手に見事な1ラウンドでのフィニッシュ勝利を挙げてきた。半年前のバンタム級(161.2kg)から今回フェザー級(-65.8kg)に上げての防衛戦。18年12月のフェザー級タイトルマッチでも約半年間でバンタムからフェザーに階級を上げ、王者サイボーグに1R51秒でKO勝ちでプロ初黒星をつけ王座を奪取しているだけに、今回も早期KO勝利が期待される。
 ちなみに英大手ブックメーカー、ウイリアムヒルのオッズでは、3日午前7時(日本時間)の時点でヌネス1.14、スペンサー5.5(数字が少ないほうが勝ちを予想する人が多いため、数字=倍率は低くなる)となっている。

スペンサーは18年11月にこのバックチョークで一本勝ち、Invicta FCの世界フェザー級王者となった

 その対戦相手、スペンサーに勝ち目はあるのか。テコンドーと柔術をバックボーンに持ち、プロ戦績は8勝(2KO/4S※サブミッション)1敗と高いフィニッシュ率を誇る。18年11月に1Rにチョークで一本勝ちし米最大手の女子格闘技団体Invicta FCの世界フェザー級王者となったが、UFCに移籍のため、返上した。以降UFCで3戦しているが、プロキャリアで唯一の負けは、ヌネスが秒殺勝利したサイボーグだ。
 サイボーグがヌネスに負けた7ヶ月後に対戦し、スペンサーは判定負けしている。しかし、ハードヒッターで22勝のうち18ものKO勝利を持つUFCトップクラスの打撃力を誇るサイボーグに果敢に打ち合い、打たれ強さも見せ大健闘。途中、サイボーグが疲れを見せるところもあったほど。スペンサーにはこれまでKO負けはないタフな選手だが、果たしてヌネスはKO勝ちすることができるか。
 ヌネスの戦績は19勝(13KO/2S/判定4)4敗(KO2/1S)だが、15年からは無敗だ。
 両者の体格差は身長差は173cmのヌネスが5cm高く、リーチも175cmと2cmヌネスが長い。
 戦績や体格など数字のデータではヌネスに分があるが、タフなスペンサーが粘りを見せ一瞬の隙をつきフィニッシュすることができるか。スペンサーはヌネスに5年以上ぶりの敗北を与え、UFCでの初タイトルを狙う。

●編集部オススメ

・【UFC】ミーシャが一本負けで王座陥落、ヌネスが新女王に

・【UFC】ロンダ・ラウジーが水着のボディペインティング姿で表紙に=SI誌

・【UFC】ロンダ・ラウジー秒殺KO負け、アマンダ・ヌネスが初防衛に成功

・【Invicta】フェリシア・スペンサーが一本勝ちで新王者に

・【テレビ】『UFC甦る名勝負選!』マクレガー、サンピエール、ブロック・レスナーら登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧