TOP > ニュース 一覧

【UFC】魅津希の2戦目が決定、相手は7勝全てフィニッシュの強打者アマンダ・レモス

2020/06/11(木)UP

海外のMMA記者が投稿した魅津希(左)vsレモス(右)のカード@BigMarcel24

 現DEEP JEWELSストロー級王者・魅津希(25=SERRA LONGO FIGHT TEAM)のUFC2戦目が決定した。
 8月22日の『UFC ESPN』で、対戦相手はジャングル・ファイトで王座経験のあるアマンダ・レモス(33=ブラジル)。ストロー級での一戦となる。ブラジルの総合格闘技メディア『COMBATE』他複数メディアが報じた。

 魅津希は“天才格闘少女”と呼ばれ2010年10月に16歳でプロデビューし、主戦場の『DEEP JEWELS』では2014年8月に19歳でストロー級王座を獲得した日本屈指の実力者。
 関節技が得意で、14勝のうち9勝がサブミッションによる一本勝ちだ。一方立ち技のプロ選手としても輝かしい成果を出しており、12年と13年にはシュートボクシングの『Girls S-cup』で二連覇している”コンプリート・ファイター”だ。

UFCデビュー戦でパンチをクリーンヒットさせる魅津希

 しかし昨年3月には継続参戦している『Invicta FC』の世界ストロー級王座決定戦で、無敗の強豪ヴィルナ・ジャンジィローバに判定負けし、初の海外タイトル獲得に失敗。その後、魅津希はこれまで所属した空手道白心会から、アメリカ・ニューヨークの名門ジム「SERRA LONGO FIGHT TEAM」に移籍して再起を目指すことになった。

 UFC初陣は昨年8月の中国大会で、一階級上であるフライ級の現地選手に勝利している。
 元UFCファイターで、今年2月のRIZINにも出場し勝利した井上直樹は実弟。

強靭な肉体を持つレモス@amandax1987

 相手のレモスは、ブラジルの総合格闘技(MMA)団体『ジャングル・ファイト』等で6連勝。デビュー後5勝は全て1R決着という強打者だ。16年に同団体のバンタム級王座を獲得した。

 UFCには17年に参戦し、階級上のバンタム級ランカー・レスリー・スミスにTKO負けし、MMA初黒星。その後、アンチ・ドーピング規則違反により休場していたが、昨年12月の韓国大会でプロ無敗の選手相手に1RKO勝利で復帰している。

 戦績は7勝1敗1分で、7勝のうち5つがKO、2つが一本勝ちというオールフィニッシャーだ。

まぶしい笑顔でマッスルポーズの魅津希=計量

 魅津希は3月29日にストロー級ランカーのテシア・トーレスと試合が決定していたが、コロナ禍で試合は流れてしまった。その後の外出制限期間中も、ニューヨークの自宅の庭で弟・直樹とミットを持ち合うなど出来る練習を続けてきた。
 女子ストロー級の頂点には、同じアジア人であるジャン・ウェイリー(中国)が君臨している。魅津希は長年心に描いてきた、UFC王座ロードを駆け上り続けることが出来るか。

<決定対戦カード>
▼ストロー級
井上瑞樹(魅津希/SERRA LONGO FIGHT TEAM)
vs
アマンダ・レモス(ブラジル)

◆コロナ禍下のニューヨークの庭で、鋭いパンチミット練習等を行う魅津希

 

●編集部オススメ

・【UFC】魅津希がデビュー戦を打撃で競り勝つ「本当に勝てて言葉が出ない」

・【Invicta】魅津希が初の海外タイトル戦へ笑顔で計量パス

・【テレビ】“最強美ボディOL”安井友梨がおはぎの魅力語る、プロテインフードをマツコが体験=6.9よる

・【シュートボクシング】魅津希とMIOが優勝、RENAは強敵に涙の勝利=13年

・【Invicta FC】RENAと1勝1敗のリンジーが、浅倉カンナと激闘演じたザペテラと対決=7.2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧