TOP > ニュース 一覧

【RISE】那須川天心、無観客試合への思い語る「“試合していい”と思ってもらうことは必要」

2020/06/27(土)UP

那須川天心が練習の後、オンライン取材に応じた(c)RISE

 7月12日(日)に開催されるRISE初のテレビマッチ『Cygames presents RISE on ABEMA』でシュートボクシング(SB)日本フェザー級1位の笠原友希(19=シーザージム)と対戦する、那須川天心(21=TARGET/ Cygames)が、6月27日(土)の練習後にオンライン取材に応じた。

 今回の対戦相手は、公募を実施して100通を超える候補者の中から選ばれて決まった。対戦が決まった笠原に対しては「こういうタイミングでも『俺がやる』という風に思ってくれたと思うので若いなと思いましたね。格闘家だよなって」と同じ格闘家として感じる部分があったようだ。

無観客テレビマッチを2週間後に控え、同門・白鳥大珠(左)と練習を行う那須川(c)RISE

「今回は初めて無観客で楽しみなんですよね。次の週のRISEはお客さんが入るので、自分はラッキーだな。たぶん一生、無観客でやらないと思うので、良かったなあと思いました。1回を引き当てるというのは、持っていますね」とレアなケースの試合でもモチベーションの低下はなく、むしろ楽しみだと言う。

 これまで那須川は、多くの観客の歓声が聞こえる中で試合を行ってきた。それと正反対の無観客試合に「やってみないと分からないところが大きいですね。格闘技ってお客さんと一緒に作ると思っていた。お客さんが居ないところでやると、またちょっと変わってくるとは思うんですよね」と、いつもとは違った形の試合になることも想定している。

那須川のグローブには、座右の銘である「志高き道のり」の文字(c)RISE

 テレビの向こうで観戦するファンに対しては「こいつ元気でやってるんだって思ってもらえたら嬉しい。(コロナ禍からの回復で)動き出しの時だと思いますし、僕の後にいる人たちが『試合してもいいんだ』と思って貰うことは必要だと思います。試合をして(観戦した)みんなにどうでしたかと聞きたいですね」との思いを語った。この無観客テレビマッチで那須川はどのような試合を見せるか、注目が集まる。

☆7.12 RISE on ABEMA対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・那須川天心、笠原友希の“穴見つけた”発言をバッサリ「一瞬で終わる可能性ある」

・那須川天心に挑む笠原友希とはどのような男なのか、勝負の分かれ目は?(動画あり)

・【RISE】7.19有観客試合再開へ、寺山日葵、紅絹、小林愛三ら参戦決定

・【テレビ】那須川天心の強さを内山高志と山中慎介が徹底解剖=6.27深夜

・【フィットネス】那須川天心が毎日“自宅トレ”を投稿開始「100日で那須川天心になれる」(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧