TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】那須川天心の参戦は7.12の試合次第、朝倉未来は海のサポートへ=8月横浜大会

2020/07/09(木)UP

朝倉未来(右)は8月大会に参戦しないが、那須川(左)は参戦の可能性あり、と榊原代表は述べた

 8月9日(日)と10日(月)に横浜・ぴあアリーナMMで開催される『RIZIN.22』と『RIZIN.23』の対戦カード発表記者会見が、7月9日(木)都内にて行われた。

 その後の囲み会見で、榊原代表が今回発表されなかった大物選手、那須川天心や朝倉未来らについて語った。

 まず、現在RIZINのエース級存在である朝倉未来については「今回は出ません。ヒジをケガしているのも含めて」と、8月には出ないと明言。「この先の9月、12月を見据え、ケガの無理をさせたくない」とエースの体調に慎重な姿勢だ。

朝倉未来の弟・海(右)は8月10日、扇久保(左)とのバンタム級王座決定戦に挑む

「本人的には弟(海)の大一番なので、セコンドについて、しっかりベルトを巻かせたいというのも含めてある。戦うこと以外でRIZIN全体をブームアップする、解説席に座るとか、選手じゃないことで貢献してもらうと思っています」と、今回は海やRIZINのサポートにまわってもらうとした。

 また、那須川天心については「可能性はあると思っています」と8月参戦もあるとする。「7月12日のRISEさんの試合の結果いかんだなと。そこでケガを負うようなことがあれば。間隔は一ヶ月」と、7月12日のRISE無観客試合・笠原友希戦での試合後の状態で変わるとした。

RISEテレビマッチを目前に控え、公開練習を行う那須川

 さらに山本アーセン、大雅については「参戦させたいと思っています。当人からも了解もらっているので。あとはカードが決まり次第、来週中には追加カードとして4試合ずつのカードを対戦順も含めて出したい」とスピード感をもって決定していくと言う。現在グアム在住の山本アーセンについては、2週間の自宅待機の上、入国は可能だと言う。母の美憂については「国籍がカナダなので難しい」と語った。

 試合数としては、2日間それぞれ8試合から9試合とする予定。「トイレ休憩とかやると、密になる」ことを鑑み、休憩無しのノンストップで行うことも考えている。

☆8.10 RIZIN.23 対戦カード、イベント情報はこちら

☆8.9 RIZIN.22 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・ケイプ返上のバンタム級王座戦に朝倉海vs扇久保博正

・榊原代表、貴ノ富士との対面示唆「会って話してみようと思う」

・新マネジメント会社設立を発表、朝倉兄弟と専属契約、山本美憂も業務提携

・『100日後に那須川天心』がついに完結、ラストはあの”スゴ技”(動画あり)

・朝倉未来が歌手デビュー?『青いベンチ』の“サスケ”プロデュースでCD発売か

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧