TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】榊原代表、貴ノ富士との対面示唆「会って話してみようと思う」

2020/07/09(木)UP

会見で貴ノ富士についても言及したRIZIN榊原代表

 昨年9月に付け人への2度目の暴力行為が発覚し、10月に引退した大相撲の貴ノ富士こと上山剛(23)が7日、格闘家転向を表明した。8日朝のフジテレビ『めざましテレビ』でのインタビューに「日本人で初の世界ヘビー級のベルトを巻くことを目標、年末のRIZINに出させてもらえたらと思っています」とRIZIN参戦を希望していた。

 9日に行われたRIZINの記者会見で、榊原代表は貴ノ富士と「近日中に会う。一度は会って話をしてみようと思う」と顔を合わせる意向だ。しかし「相撲界の人には裏切られることが多い。全部そうとは言わないけれど、総合格闘技には力士の人は向いていないんだろうな」と大きな期待を抱いてはいない。

元力士のバルトが柔道技でピーター・アーツを投げる。バルトが判定勝利

 その理由として「すり足(のクセが残ったり)や、体力、フィニッシュが無い」とラウンドを重ねる総合格闘技でのスタミナ面や、フィニッシュ力に疑念を抱く。
 さらに「押し出せば勝つ、ということで言うと『巌流島』をやっていたら谷川貞治(巌流島プロデューサー)が最も好む(スタイル)。巌流島は休止状態なんで」と、RIZINより巌流島向きとの見方も。

 貴ノ富士個人については「まだ若いんで、普通に精進すれば戦闘竜のように(なれるかもしれない)。時間かけて頑張って、精進出来る忍耐力があるかだなあと思います」と本人の努力次第で化けるかもしれないと希望を残した。

●編集部オススメ

・元十両・貴ノ富士「年末のRIZINに出たい」格闘技に転向した力士出身者らの弱点とは

・メイウェザー再び来襲なるか、榊原代表が可能性について語る

・浅倉カンナ、古瀬美月と対戦「しっかり自分が壁になる」(浅倉)

・ケイプ返上のバンタム級王座戦に朝倉海vs扇久保博正

・連勝を狙う矢地祐介、相手は“柔術界の至宝”ソウザ「テンション上がる、噛み合う」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧