TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】皇治、MMA参戦あるか、那須川天心や朝倉海と対戦の可能性も=榊原代表コメント

2020/07/18(土)UP

本日の会見でコメントする榊原代表

 8月9日(日)、10日(月)にぴあアリーナMMにて開催される『RIZIN.22 -STARTING OVER-』『RIZIN.23 -CALLING OVER- 』の記者会見が7月18日(土)都内にて行われた。

 会見の第2部では、元K-1ファイター・皇治(TEAM ONE)のRIZIN電撃参戦が発表され、その後に榊原代表が囲み取材に応じて、電撃参戦について語った。

 最初に「K-1さんに限らず他の団体、違う競技から来ていても、契約が満了していることが大前提です。5月の頭くらいに弁護士の先生を通じて、連絡を頂きました。僕らも興味のある選手で、僕ら(RIZIN)は総合格闘技だけに特化してないというのはありますけど、RIZINに来て(皇治選手が)何をしたいのか、何のために戦うのかというテーマを聞いて、熱い思いを持った選手でした」と経緯を説明した。

RIZIN榊原代表と皇治が並ぶ

 また「皇治という選手は、プロモーション目線というか、何か自分が格闘技界に布石を投じること。自分の一歩が格闘技にムーブメントを起こしていき、波風を立てていくことに貢献したいという思いがあったと思います」とこの決断について述べた。

 そのためには、皇治の所属していたK-1と参戦についてのコンタクトを取る必要があった。「K-1さんとの契約も綺麗にクリアしてからじゃないといけないので、K-1さんにこんな話(皇治の参戦)があるけど、進めて良いのかというのは伝えて『皇治選手の活躍を期待しています』という言葉を貰えました」と話した上で、今回の正式参戦が決まった。

前回の試合はK-1のリングで、川原誠也にKO勝利している皇治(右)

 これからのマッチメイクについての質問には「大きな格闘技界に布石を投じて、ムーブメントを作っていけることに紐付くカード。また、K-1時代にはあり得なかったマッチメイク、色んなチャレンジングなカードを組めたらいい」と驚くような試合を組んでいく姿勢を見せた。

 具体的には「お互いキャッチウェイトでやれば、(那須川)天心ともやれるはずだと思います。それに限らず、本人は総合(格闘技)をやっても良いと言っています。格闘家としての集大成、脂が乗り切った時のチャレンジだと思いますし、朝倉海とキックルールで戦うこともありえるし、ファンがドキドキするカードを共に話し合って組んでいきたいですね」と構想を膨らませた。RIZINデビュー戦となる、横浜大会での皇治の対戦相手に注目が集まる。

●編集部オススメ

・【RIZIN】皇治がRIZINへ電撃参戦、K-1との契約解除「ファンに新しい景色を見せる」

・【K-1】皇治がまさかのダウンも“パンクラスの悪童”川原誠也に逆転KO勝利(動画あり)

・皇治が魔裟斗からアドバイス受ける

・やりすぎ皇治の無礼に武尊の怒りがついに爆発

・【RIZIN】榊原代表「7億の売上飛んだ、夏のメガイベント難しい」高田延彦「ここはやるしかないぜ!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧