TOP > ニュース 一覧

【RISE】“8頭身JKファイター”AKARIがプロ4戦目、無敗記録更新なるか

2020/07/25(土)UP

AKARI(右)が大倉(左)とのプロ4戦目に挑む

 8月23日(日)後楽園ホールで開催される『RISE141』の対戦カードが発表された。

 今大会は、7月19日(日)に行われた『RISE140』と同様に新型コロナウイルス対策が行われる。前回より200名ほど収容人数を増やした700名規模での開催で、マスク着用必須や距離を空けた席配置などの対策が講じられる。

[ミニフライ級(-49kg) 3分3R]で、AKARI(TARGET/2018年全日本女子大会-52kg級優勝)が、大倉 萌(大道塾吉祥寺支部/2017年北斗旗全日本空道体力別選手権大会 女子-215クラス優勝)と対戦する。

鋭い蹴り技を繰り出すAKARI(右)

 AKARIは、第2代RISE QUEENの神村エリカの愛弟子であり、”8頭身JKファイター”として注目を集める16歳。神村の現役時代の試合を観てTARGET入りを決意した。現在も神村の背中を追い、週1回の指導を受けているという。

 163cmの長身とリーチを活かした蹴り技が武器で、デビュー戦は2019年の9月にERIKOに判定勝利。今年の初戦となった『RISE GIRLS POWER 2』では、第7回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジ女子Bクラス-55kg級優勝のRANを相手に的確なヒットを奪い、完勝。ここまでデビューから無傷の3連勝を飾っている。

AKARIの長い手足がよく分かる計量姿

 師である神村氏は「長い中でやっとチャンピオンになるような子だと思うので、じっくり自分も育てていければ」と期待を寄せていた、注目度急上昇中のファイターである。

 今回対戦する大倉は、大道塾の北斗旗で優勝経験がある期待のファイター。今年1月に出身地・北海道の格闘技イベント『BOUT』でプロデビュー。多彩な足技で対戦相手の顔面から出血させてTKO勝ちを収めている。

 RISEの女子戦線を今後盛り上げていくであろう2人の対戦に目が離せない。

<対戦決定カード>

(C)RISE

▼ミニフライ級(-49kg) 3分3R
AKARI(TARGET/2018年全日本女子大会-52kg級優勝)
vs
大倉 萌(大道塾吉祥寺支部/2017年北斗旗全日本空道体力別選手権大会 女子-215クラス優勝)

●編集部オススメ

・【RISE】“8頭身JKファイター”AKARIが満を持してTwitterを開始

・【新日本キック】モデルと二刀流の高橋アリス、コロナで延期だった2戦目が決定

・【DEEP】KINGレイナが初キックルールに挑戦、相手はボクシング全日本2位の熊谷麻理奈

・AKARIが蹴り技でRANを退けデビュー3連勝=2020年2月

・“神村エリカ二世”AKARI、目指すは「高校生のうちにチャンピオン」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧