TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】9.13 ヒジ無しルール出場の日菜太、鈴木千裕、与座優貴ら会見で意気込み

2020/08/03(月)UP

コメントする山口代表

 9月13日(日)後楽園ホールで開催される『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.2』の会見が、8月2日(日)都内にて行われた。

 今大会は、9月12日(土)大田区総合体育館で開催予定であったが、新型コロナウイルスの感染予防のため、9月13日(日)後楽園ホールでの大会に変更となり、2部制での大会開催が決まっている。会見には、出場する16選手が出席して意気込みを語った。


会見に出席した日菜太

■第一部BLACKルール(ヒジ無し)の出場選手たちのコメントは以下の通り

▼73kg契約 3分3R(延長1R) BLACKルール
日菜太(クロスポイント吉祥寺)vs田村聖(拳心館)
※田村は会見欠席

 日菜太は左ミドルを武器にREBELS70kg級王座3度の防衛に成功、日本70kg級のエースとして君臨を続けている。今年2月のKNOCK OUTで、ダニエル・マーシャルを下し通算50勝目を達成。近い将来の引退を明言している。

強烈な左ミドルを蹴っていく日菜太(左)

 会見で日菜太は「コロナ禍で、今年と来年は国内で試合をするしかないので、国内で最強を決めるためにしかリングに上がることができません。なので、しっかりコロナが収まった後にやりたい人とやるために、国内最強を証明したいです。僕とやりたい選手いると思うけど、そこをしっかり蹴散らして、辿りつきたいところまで何とか辿りつきたいと思います」と語った。

 対戦相手の田村は前NKBミドル級王者。強烈な右フックを武器にKOを量産しており、昨年4月から行われた「PRIMA GOLD杯ミドル級トーナメント」では3試合すべてにKO勝利し、圧倒的な強さで優勝を果たしている。理想の引退を目指す日菜太は国内有数の豪腕をどう迎え撃つのか。


鈴木(左)と昇也(右)が対戦する

▼64kg契約 3分3R(延長1R) BLACKルール
鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)vs昇也(士魂村上塾)

 鈴木はREBELS-60kg王者・鈴木宙樹の実弟。MMAのキャリアを経て19年8月にキックボクシングデビューを果たすと、同10月にはベテラン橋本悟を1Rで粉砕し、一躍トップ戦線に躍り出た。今年2月の『無法島Presents KNOCK OUT 64kg GRAND PRIX』では1回戦で元極真世界王者の与座優貴に判定勝利も、決勝でシュートボクシング日本ライト級王者・西岡蓮太に敗北し初黒星。今回が約半年ぶりの再起戦となる。

 対する昇也は90年代に人気を博した村上竜司の愛弟子。昨年12月にBigbangスーパーライト級王座決定戦で勝利しベルトを巻いた。今年3月にはMAキックのリングに乗り込み、ランカー相手に勝利を収めている。勢いをつけて鈴木との一戦に臨む。

 両者の会見でのコメントは以下の通り。

鈴木が再びダイヤモンドの拳を炸裂させるか

 鈴木「自分にとっては消化試合だと思っています。今回は勝敗にこだわって練習してきたので、そこを注目して欲しい。試合が終わったあと発表したいことがあります。絶対発表しないといけないのでそのためにも勝つので注目してください。(対戦相手の)試合動画を見させていただいて、素直にやっぱりビックバンのチャンピオンでもありますし、すごくバランスが良い選手だと思いました。ダイヤモンドパンチとキックで全部粉砕しようと思っています」

 昇也「試合までに仕上げて、盛り上げる試合をします。昨日(鈴木の試合の)動画を見たけど、パンチと突進力がすごいと思いました。(鈴木の拳が)ダイヤモンドっていうので、ダイヤモンドより硬い拳は何がありますかね(笑)水ですかね。水で頑張ります(笑)」


▼65kg契約 3分3R(延長1R) BLACKルール
与座優貴(橋本道場)vs久保政哉(フリー)

与座が再起戦でGLORYファイターの久保(右)と対戦する

 与座は極真会館2017年第6回全世界ウェイト制選手権軽量級優勝の実績を引っさげ、昨年3月にキックボクシングデビュー。7戦7勝(3KO)と快進撃を見せた勢いのまま、昨年2月にKNOCK OUTで行われた『無法島Presents KNOCK OUT 64kg GRAND PRIX』に出場も、1回戦で鈴木千裕に逆転のダウンを許し初敗北を喫した。今回は再起戦となる。

 会見で与座は「2月に鈴木選手に負けて以来の試合なので、やっとかって感じです。(対戦相手の印象は)左ミドルがとても強いことです。それに左ミドルで付き合おうかなとも考えていますし、空手から何百戦とやってきたけど、今回初めてちゃんと相手の対策を考えています。それを試合に出して行けば自然に勝てると思っています」とコメントした。

日本人唯一のGLORY専属選手・久保政哉(左)がKNOCKOUT初参戦で与座優貴(右)と対戦

 対する久保は、欧州を拠点とする巨大キックボクシングプロモーション『GLORY』と日本人で唯一の専属契約を持つファイター。17年10月には4人制フェザー級トーナメントで準優勝を果たし、実力を証明している。

 久保は会見で「キックのキャリアで言ったら僕の方がしているけど、与座君の方が、場数は空手を含めるとあるので、格上と思って試合したいです。(左ミドルは)お互い蹴るけど、やっていることが違うのでその違いを僕が見せられればいいなと思います。(GLORYとは)契約中ですが、国内で試合できるということで出させていただきます」と意気込みを語った。


▼50kg契約 2分3R(延長なし) BLACKルール
宮崎若菜(TRY HARD GYM)vs大塚愛莉(上州松井ジム)
※大塚は会見欠席

会見に出席した宮崎若菜

 宮崎はHIROYA率いるTRY HARD GYM女子部期待のホープ。KAMINARIMON 全日本女子トーナメント -52kg優勝の実績を引っさげプロキックに参戦、師譲りの真っ向勝負スタイルでここまで2勝1敗と勝ち越している。

 対戦相手の大塚は群馬の名門・上州松井ジムの期待の星。アマ戦績12戦7勝(1KO)5分と無敗のまま、昨年11月に「KOトライアウト選抜」としてKNOCK OUTのリングに登場、アグレッシブなファイトで判定勝利を収め、今回のプロデビューを勝ち取った。

宮崎若菜(左)と妹の小雪(右)

 会見で宮崎は「KNOCK OUT初参戦なので、しっかりインパクトを残して、今後注目してもらえるように面白い試合をしたいです。(対戦相手は)突進力がすごくあると思いました。自分は、それを止めることもいなすこともできるし、動画見る限り相手より劣っている部分が見当たらないので圧倒して勝ちます」と勝利への自信を見せる。

 また、自身の妹である宮崎小雪も今大会に出場することが決まり「一緒に勝って夕方に試合する(同門の中澤)良介君に繋げたらと思います。これからキックの女子=宮﨑姉妹と思ってもらえるように、インパクトを残して、姉妹で応援してもらえるように頑張りたいです」と語った。


■第1部BLACKルールの追加カードとして、以下のカードが決定した

17歳・現役女子高生の宮崎小雪は制服姿で会見に出席した

▼80kg契約 3分3回戦(延長なし) BLACKルール
吉野友規(スタージス新宿)
vs
竜矢(伊原道場稲城支部)

▼47kg契約 2分3回戦(延長なし) BLACKルール
KAREN(DRAGON GYM)
vs
宮崎小雪(TRY HARD GYM)※宮崎若菜の妹

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】日菜太がNKBミドル級T制覇の田村聖と試練の一戦、鈴木千裕が再起戦に臨む

・【KNOCK OUT】コロナ影響で9.12大田区総合体育館での開催断念、翌日に後楽園ホールで2部制に

・【KNOCK OUT】宮崎姉妹の姉・若菜が初参戦、対するは”上州の強かわエンジェル”大塚愛莉

・【KNOCK OUT】GLORY戦士・久保政哉が初参戦、元極真王者・与座優貴と左ミドル対決へ

・【引退】アイドルレスラー星輝ありさが首と脳の不調で引退、SBではKO勝ちのストライカー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧