TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】RENAは選手引退を強調、残りの試合でハム・ソヒのRIZIN王座も視野

2020/09/27(日)UP

あと2〜3試合を目安に選手引退を強調したRENA

 9月27日、さいたまスーパーアリーナで行われたRIZIN.24で第5試合、RIZIN MMAルール(肘あり)で、RENA(29=シーザージム)は富松恵美(38=パラエストラ松戸)を判定で破った試合後、記者会見を行った。

「調子は良かったけどちょっと力んでしまったり、攻めきれなかったり」と反省点も口にしたRENAは、「トップ戦線を走ってきた富松選手に勝てたことは自信にもなった」と対戦相手に敬意を示した。

RENAが富松に得意のパンチを連打する

 予想通りの寝技勝負をしかけてきた富松に「いつ極めに来るのか分からない気の抜けない試合だった。行ききれなかったのは富松選手の経験や引き出しの多さ」と振り返ったRENA。それにしても、最大の衝撃は試合後のリング上で口にした「あと2、3試合で最後」の宣言だろう。この真意については会見でも確認が続いたが、RENAはRIZINのみならず選手の引退であることを言いきった。

 ただ、2、3試合というのは、あくまで目安だと説明。「終わりを決めないと、最高のパフォーマンスを発揮できるまで頑張れなくなったと思った。これではアスリートとしてダメなので、覚悟を決めて試合に臨むために宣言した」と話したRENAは「引退までにシュートボクシングの試合を必ず入れたい」や「ハム・ソヒ選手と再戦できるなら49kgまで落とす」というこだわりも語った。

 ハム・ソヒは昨年大晦日に王者浜崎朱加に判定で勝利し第2代RIZIN女子スーパーアトム級王者となっている。RENAとソヒは2012年にシュートボクシングで対戦しており、延長の末、RENAが勝利している。ソヒと対戦し女子RIZIN王者を日本に戻し有終の美を飾るのも良いだろう。
 引退後は「16歳からお世話になった格闘技には一生携わって、私にできることがあるなら貢献したい」と約束した。

●編集部オススメ

・【RIZIN】RENA、富松恵美に勝利もMMA引退示唆

・【RIZIN】那須川天心、ダウン奪取ならず、皇治の打たれ強さに評価も

・【RIZIN】スダリオ剛(元貴ノ富士)、MMAデビュー戦をTKO勝利

・【RIZIN】皇治「効いてない」発言も那須川天心のテクニック称える

・RENAは入場時になぜ“スカジャン”を着ていたか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧