TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】激戦の矢地祐介と大原樹里、勝敗は最終ラウンドの気持ちの差=試合後コメント

2020/09/28(月)UP

矢地戦の後、会見に応じる大原。顔の傷が激闘を物語る

 9月27日(日)、さいたまスーパーアリーナで行われた『RIZIN.24』で第1試合、RIZIN MMAルール 71.0kg契約5分3Rマッチで、大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)は矢地祐介(KRAZY BEE)を2-1の判定で破った試合後、記者会見を行った。

 矢地の動きを徹底的に動画でチェックしたという大原は、実際に対峙した感覚として「イメージとすごく違ったわけではなかったが、思ったより距離が遠いと思った」と語り、初参戦したRIZINのリングについては「想像していたより広くなかったので冷静さを保てた」と胸をなでおろすように話した。

最終R、流血の矢地にパウンドを打ち下ろす大原

 大原は痛烈な左ストレートを一閃してから、連打で矢地におびただしい出血を被らせた第1ラウンドを制したと手応えを感じた。逆に第2ラウンドは矢地にパンチのテクニックでリズムをつかまれ、ダウン寸前になったことから“奪われた”と悟った。

 最終ラウンドをどちらが取るかの勝負で「テイクダウンを取られた瞬間、サッカーボールキックと蹴り上げがあるルールを思い出して“ヤバい”と思った。五分五分の試合をしたらネームバリューの差で負けると思っていたので気持ちで行こうと思っていた」とは振り返ったが「最終ラウンドのことは必死過ぎてほとんど覚えていない」と苦笑いも浮かべた。

矢地も傷ついた顔で会見に出席

 今後について大原は「基本的に僕は呼ばれたら、どこでも戦うけど次の試合はDEEPになると思う」とコメント。

 一方、敗れた矢地は「何もかもに落胆している。最後に気持ちの差で負けた」とガックリうなだれた。

●編集部オススメ

・大原樹里、流血の激戦で矢地祐介を降す

・【RIZIN.24】全試合結果=2020年9月27日

・スダリオ剛(元貴ノ富士)、MMAデビュー戦をTKO勝利

・皇治「せっかくの男前が台無しや」結果にプロとして反省

・快勝の江幡睦「春馬もどこかで観ている」弟を破った那須川天心との対戦に意欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧