TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】ロマチェンコとロペスが計量パス、コロナ陰性でソーシャルディスタンス無視の一触即発フェイスオフ(動画あり)

2020/10/17(土)UP

ロマチェンコ(左)とロペス(右)がいよいよ明日激突(写真=Getty/WOWOW)

 4団体統一をかけ、ボクシングの世界ライト級3団体統一王者ワシル・ロマチェンコ(32=ウクライナ)と、IBF同級王者テオフィモ・ロペス(23=米国)による前日計量が17日(日本時間)に行われ、両者ともライト級リミットの135ポンド(61.2kg)でパスした。

 パス後のお互いのフェイスオフでは両者が詰め寄り一触即発に。周囲のスタッフが止めに入る緊張感に。約30秒にわたるフェイスオフで、スタッフが終了と割って入ってもロマチェンコは離れながらも睨み続けた。

 ESPNをはじめ、多くの海外メディアがこのフェイスオフを報じた。他の選手はコロナを警戒し距離をおくソーシャルディスタンスでフェイスオフをしていた。ロペスは「これは戦いだ。コロナビジネスが気に入らない。二人とも陰性だったんだから、前に出られないわけがない」と息巻く。互いにコロナ検査が陰性だったのにスタッフに止めに入られたことに憤慨した。

ロマチェンコとロペス が睨み合う(TOPRANK Twitterより)

 ロマチェンコは以前からロペスのトラッシュトークに苛立ちを見せており「私の国では、誰かを侮辱したら、痛い目に遭わされることを覚悟した方がいい」「私の国だったら、ロペスは口が利けないことをすぐに覚えるだろうな…彼を痛めつけるチャンスがあれば、私はそれをやる」とロマチェンコは語っている。

 ロマチェンコは無敗のロペスを倒す最初の男になることを望んでおり、これまで世界3階級制覇王者のホルヘ・リナレスや五輪金メダリストでWBA王者だったギレルモ・リゴンドーを倒してきた。今回ロペスを倒すことができたら、さらにロマチェンコの地位はさらに高まることになるだろう。

 一方、ロペスはこれに勝ち統一王者になることを望んでいる。

 果たして4団体統一するのは果たしてどちらか。日本での放送は明日18日(日)午前11:00~よりWOWOWライブにて生中継される。

▼ロマチェンコとロペス の一触即発のフェイスオフ動画

【選手データー】
・ワシル・ロマチェンコ(32=ウクライナ/世界ライト級3団体統一王者)
身長170cm、リーチ166cm、左ボクサーファイター、戦績:15戦14勝(10KO)1敗、KO率66.67%

テオフィモ・ロペス(23=米国/IBF世界ライト級王者)
身長173cm、リーチ174cm、右ボクサーファイター、戦績:15戦15勝(12KO)無敗、KO率80%

●編集部オススメ

・【テレビ】ロマチェンコvsロペス、4団体統一世界戦を生中継=10.18

・ロマチェンコがV4、リゴンドーにTKO勝利し、五輪金対決制す

・怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

・井上尚弥、ロマチェンコ、マイク・タイソンの試合をWOWOWが生中継

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧