TOP > ニュース 一覧

【ONE】倒木で筋トレする“野生獣”手塚裕之、9戦無敗ロシア強豪ラマザノフと激突

2020/11/12(木)UP

“野生獣”ことパンクラスウェルター級王者・手塚が9戦無敗のロシア強豪と激突©️SUSUMU NAGAO

 11月13日(金)シンガポール・インドアスタジアムで事前収録された『ONE:INSIDE THE MATRIX III』の放送と、対戦カードが発表された。

 第13代パンクラスウェルター級王者の手塚裕之(30=ハイブリッドレスリング山田道場/TGF)が、ウェルター級ワンマッチで、ムラド・ラマザノフ(ロシア)と対戦する。

破壊力あるパンチで修斗王者ペルペトゥオを悶絶させる手塚(左)

 “野生獣”の異名を持つ手塚は、パンクラスでの勝利7勝のうち5勝が打撃によるKOというハードヒッター。デビュー前にアメリカ・オレゴン州のジムに単身渡り、3年間現地で活動していた逆輸入ファイターだ。

 19年6月に高木健太を下しウェルター級暫定王座を獲得し、同年10月のONE両国大会で修斗世界ウェルター級王者のエルナニ・ペルペトゥオに判定勝利。前戦は9月10日に行われた『Road to ONE:3rd TOKYO FIGHT NIGHT』で、グンダー・カルンダ(コンゴ)と対戦し1R KO勝利を飾った。

今年2月のベ・ミョンホ戦、強力なパウンドを叩きつけるラマザノフ(左)©️One Championship

 対するラマザノフは2014年にプロ総合デビューし、現在まで9戦全勝と無敗街道を走る。前戦は今年2月のONEデビュー戦で、ベ・ミョンホ(韓国)を1R TKOで下した。フィニッシュ率77%のロシアの強豪だ。

 倒木で筋トレするなど、自然の中でのネイチャートレーニングを積極的に取り入れ、まさに野生のチカラで世界に挑む手塚が、これまでのキャリアの中で最大の難敵にどう立ち向かうのか、注目したい。

▶︎次ページは“野生獣”手塚裕之のネイチャートレーニング動画

●編集部オススメ

・Road to ONE 9.10大会 手塚裕之がグンター・カルンダに1R TKO

・【ONE】”野生獣”手塚裕之はこだわりの農業家、お米で筋肉増強のススメ

・【ONE】”野生獣”手塚裕之がパンチで主導権を握りペルペトゥオに勝利、パンクラスが2連勝

・【ベラトール】朝倉未来に“挑戦状”送った2階級王者パトリシオ・ピットブル、挑戦者カルバーリョに「私が王者だ、オマエを殺す」

・井上尚弥が、あのKOパンチの練習動画を公開”これは死ぬレベル”(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧