TOP > ニュース 一覧

【K-1】大沢文也、可愛がっていた後輩・瓦田脩二に「倒しに来い」瓦田「命をかけ倒す」

2020/11/19(木)UP

良い先輩・後輩同士の大沢(右)と瓦田(左)

 12月13日(日)東京・両国国技館で開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』では、K-1 WORLD GP 2018 K-1ライト級世界最強決定トーナメント準優勝・大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)vs瓦田脩二(K-1ジム総本部チームペガサス)が行われる。K-1ライト級の一戦(3分3R・延長1R)で行われる。二人の試合前インタビューが主催者から届いた。

 大沢は軽快なステップから繰り出される左フックや左右のボディを武器にK-1グループで長年活躍。KRUSHではライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレックのタイトルに挑戦し、接戦に持ち込んだほどの実力者だ。昨年12月には世界最強決定トーナメントで準優勝。2連勝していたが今年7月、蓮實光にKO負けを喫した。

 瓦田は180cmの長身から繰り出される一撃を武器とするファイター。2019年の中盤にはキャリア初の連敗を喫するピンチに見舞われたが、直近3試合は連勝と好調だ。

 実は2人は練習仲間。大沢が、瓦田が所属するK-1ジム総本部に練習に行くことがあり、スパーリングなどを通じて交流を続けてきた。所属するジムは別々ながら、良き先輩と後輩の関係だと言う。

◆大沢「胸なんか借りるな。普通に倒しに来い」

大沢がワンツーを叩き込み、レフリーが試合を止めた瞬間

 大沢は瓦田とは、練習だけでなく、食事や観戦、対戦相手の対策も一緒に練ったことがある仲だと言う。大沢は「正直最初の頃は僕が脩二よりだいぶ上の方にいたので、やることはまずないだろうなと思っていたんですよ。でも僕が負けてきて、あっちが勝ってきて。これは次(瓦田と)試合が来るなと思っていたら、そのままオファーが来ました」と、瓦田が自分の位置に来たのだと語る。

 ファイターとしての瓦田の印象は「やりづらいですよ!僕、高身長の選手はすごく苦手なんで」と苦笑。さらに「知り合いとの試合は2回目で、以前は先輩に挑む感じだったんですけど、今回は逆で後輩とやるので、なんか複雑な気持ちです」と正直な気持ちを吐露する。

Krush王者・ゴンナパーにハイキックをヒットさせる大沢

「今回試合が決まった瞬間に脩二からLINEが来て、わざわざ『胸を借りるつもりで』って言ってきたから、ほんと好青年だなって。僕は別に『胸なんか借りるな。普通に倒しに来い』って言いました。僕としては復活する試合の相手が仲のいい後輩というのは、ドラマとしてもいいのかなと思ってます」と、逆に相手にハッパをかけたと言う。

 試合自体への意気込みとして「僕は7月のKrushでKO負けしているし、全然いい結果が残せていません。こうやって試合に呼ばれることで、周りのファンからしたら『なんで大沢なんだ?』という声もすごく多いと思います。次の試合では『なんで大沢なんだ?』じゃなくて、なんで負けているのに俺がこの位置にいるのか、なんで負けているのに俺が呼ばれるのか。それを試合でみなさんに分からせます」と、相手が瓦田であろうとリングで納得の行く結果を見せると意気込む。

◆瓦田「リスペクトを持ってぶっ倒しに行く」

重いミドルを放つ瓦田

 一方の瓦田は、大沢について「普段の生活でも交流があって可愛がってもらっています」としながら「だからオファーを受けた時は一瞬悩んだんですけど、いつかはやらないといけない相手ですし、そうやって目標にしてきた選手とやれるのは光栄なことです」と複雑な心境を語る。

「それで自分から大沢選手に連絡を入れさせてもらって、大沢選手からは『全力で倒しに来てくれ、自分も倒しに行くから』というメッセージをもらいました。だからもう自分の中に迷いはないです。本当にリスペクトを持ってぶっ倒しに行きたいと思っています」と腹をくくったようだ。

強烈パンチでダウンを奪う瓦田

 ファイターとしての大沢の印象を瓦田は「当て勘があって、自分のリズムと自分の戦い方を持っている。それを試合で切り替えることができる、本当に上手い選手だなと思います」と評価。
 試合については「僕としては自分のペースはしっかり持ったまま、相手が嫌がる・相手の光を消すような戦い方ができたらなと思います」と、容赦はしない。

 リングに立つ思いとして「今までとは全然違う感じ、今までにない感情です。大沢選手は試合の日の朝に連絡をくれたり可愛がってくれていて、人間としても尊敬できる先輩です。でもいつかやると思っていたそのタイミングが今だっただけであって、今はワクワクの方が強いです」と前向きだ。

 最後に「厳しい試合にはなるとは思うんですけど、命を懸けて倒しに行きます」と全力で倒しに行くと宣言した。

☆12.13 K-1 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・拳骨折の王者・武尊が「最高の状態に仕上げる」対戦1勝1敗のレオナと共に”完全KO決着”宣言

・K-1電撃参戦の京太郎、参戦理由と”K-1とボクシングの二刀流プラン”を熱弁

・無敗のホープ対決は瓦田脩二が中野滉太からダウンを奪って5連勝に

・ムエタイ大魔神・ゴンナパーに食らいついた挑戦者・大沢の試合

・MIO、K-1初陣へ計量パス「感謝の気持ち込めて暴れたい」高梨knuckle美穂「ぶっ倒してやります」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧