TOP > 試合結果

【Krush】ゴンナパー、ピケオー共に接戦も王座防衛、日本人選手が大健闘

2018/10/01(月)UP

ゴンナパーが被弾を許しながらも、圧力をかけ強烈なパンチと蹴りをヒットさせ勝利

グッドルーザー
「Krush.93」
2018年9月30日 (日) 東京・後楽園ホール

▼ダブルメインイベント第2試合 Krushライト級タイトルマッチ 3分3R延長1R
○ゴンナパー・ウィラサクレック(25=タイ/WSRフェアテックスジム/王者)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●大沢文也(27=TANG TANG FIGHT CLUB/挑戦者)

大沢(左)が飛び込んでパンチをゴンナパーにヒットさせる

 多くの日本人選手をマットに葬むり、第5代Krushライト級王者となったムエタイの大魔神、ゴンナパーの初防衛戦。対するは 21勝(2KO)12敗でアウトボクシングを得意とする大沢だ。

 大沢はSNSなどで自身が不利と予想されていることに昨日の会見で「ゴンナパー選手にもファンの人にも『ナメんなよ!見てろよ、くそったれ!』って試合をします」とコメント。

 どのような試合になるか注目されていた。

一瞬早くゴンナパー(左)のパンチがヒットする

 1R、大沢はゴンナパーの蹴りにカウンターでフック。ゴンナパーをコーナーに詰めボディを連打し、相手が打ってくる時に離れるアウトボクシングスタイルでスタートを切る。

 しかし、ゴンナパーは圧力を強めミドルを仕掛けるが大沢がバックステップでかわし飛び込んでパンチを打っていく。

 ゴンナパーもパンチをヒットさせるが、ヒット数は大沢か。

大沢のハイキックがヒット

 2R、ゴンナパーが前に詰めていく。大沢も足を止めて打ち合う。ゴンナパーがパンチから強烈なローにつなげると大沢の足が持っていかれる。さらに膝が大沢を襲う。大沢はハイキックをヒットさせるがゴンナパーは構わず前に出て打ち合う。

 3R、序盤から両者が打ち合い、徐々にゴンナパーの接近戦に防戦一方となる大沢だが、時折アッパーを出す。ゴンナパーの左フックで一瞬マットに崩れ膝をついた大沢だがスリップ判定に。

圧力をかけパンチを連打するゴンナパー

 大沢がアッパーをヒットさせればゴンナパーもヒットさせる。ラスト1分を切ったところで大沢がアッパーを連打。そこから右フックをヒットさせ、ラスト20秒は打ち合いで試合終了。不利の予想があった大沢は大健闘だったが、判定でゴンナパーの勝利となった。

 試合後ゴンナパーは「自分はK-1王座に挑んで勝てると思っている」と発言。ゴンナパーはK-1ライト級王者の卜部功也戦につなげたいとの思いがある。果たして実現はいつになるのか。

▶︎次ページはピケオーvs和島のタイトルマッチ

●編集部オススメ

・大沢文也、ゴンナパー戦不利の予想にも「ナメんなよ、くそったれ」

・余裕の王者ピケオーに挑戦者・和島大海は「ビックリさせてやる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果